新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度春季リーグ戦 対明治大学三回戦の結果

新着情報

平成30年度春季リーグ戦 対明治大学三回戦の結果

2018年05月21日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 0 0 3 0 0 1 0 0 4
 慶應義塾 0 0 0 0 2 1 1 0 1x 5

 

激闘を制し、勝ち点4とする

一勝一敗で迎えた首位決定戦・対明大三回戦。

マウンドを託されたのは今季初先発、期待の二年生左腕・佐藤。

3回まで明大打線を無安打に抑える好投を見せる。

慶大打線は毎回走者を出すも、あと一打が出ず、得点には至らない。

試合が動いたのは4回表、四球と安打で一死一、三塁とされると、続く打者に連打を浴び、3点を先制される。

反撃したい打線は5回裏、一死から小原が中堅手の頭上を大きく越える三塁打を放つと、続く河合の右前適時打で1点を返す。
さらに柳町が二塁打を放つと、郡司の左前適時打で1点差に迫る。

6回裏には、先頭の嶋田が中前安打を放ち、瀬戸西の犠打で進塁すると、代打・植田清の右中間への適時二塁打で同点に追いつく。

試合を振り出しに戻したのも束の間、直後の7回表、一死二塁から適時二塁打を浴び、勝ち越しを許す。

しかし、ここで諦めないのが塾野球部。
続く7回裏、先頭の柳町が四球を選び、郡司、杉本の連打で無死満塁の好機を作ると、嶋田の内野安打の間に1点を追加し、再び同点に追いつく。

代わった石井が8、9回をしっかりと抑え、サヨナラへの機運を高める。

迎えた9回裏、先頭の内田が二塁打を放ち、四球や犠打などで二死二、三塁の好機を作ると、打席には途中出場の一年生・渡部遼。
記念すべきリーグ戦初安打初打点となる中前安打を放ち、サヨナラ勝利を収めた。

一塁側にはスタンドの大きな歓声と、渡部遼を中心とした歓喜の輪が広がった。

4つ目の勝ち点を奪取し、秋春連覇へ大きく前進した。
対早稲田戦でも勝ち点を奪取し、完全優勝を成し遂げたい。

3年・マネージャー G.R

 

 

0521明治③ リーグ戦初安打初打点となるサヨナラ打を放った渡部遼

リーグ戦初安打初打点となるサヨナラ打を放った渡部遼
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(左) 佐野 3 0 0 1 0 0
氷見 1 0 0 0 0 0
(二) 吉田 5 2 1 1 0 0
(遊) 渡辺佳 4 1 0 0 1 0
(中) 逢澤 3 1 0 1 1 0
(右) 越智 3 1 2 0 0 0
(三) 森下智 3 1 1 1 1 0
(一) 高瀬 2 1 0 1 2 0
(投) 森下暢 2 0 0 1 1 0
竹田 0 0 0 0 0 0
磯村 0 0 0 0 0 0
伊勢 1 0 0 0 0 0
(捕) 西野 2 0 0 1 0 1
打左 添田 2 1 0 1 0 0
渡邉涼 0 0 0 0 0 0
31 8 4 8 6 1
               
【慶 大】
(二) 小原 3 1 0 1 2 0
走左 渡部遼 1 1 1 0 0 0
(右) 河合 4 2 1 0 1 0
(中) 柳町 3 2 0 0 2 0
(捕) 郡司 4 3 1 1 1 0
(左) 正木 2 0 0 1 0 0
杉本 3 2 0 0 0 0
大平 0 0 0 0 0 0
(三) 内田 5 1 0 0 0 0
(一) 嶋田 4 2 1 0 1 0
(遊) 瀬戸西 2 0 0 2 0 0
(投) 佐藤 1 0 0 1 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
田中凌 1 0 0 0 0 0
田中裕 0 0 0 0 0 0
植田清 1 1 1 0 0 0
橋本典 0 0 0 0 0 0
石井 1 0 0 0 0 0
中村 1 0 0 1 0 0
36 15 5 7 7 0

 

【明 大】 球数
森下暢 5 76 24 7 3 4 2
竹田 0 2/3 11 4 2 1 0 1
磯村 0 1/3 11 2 0 0 1 1
伊勢 2 2/3 57 16 6 3 2 1
8 2/3 155 46 15 7 7 5
               
【慶 大】 球数
佐藤 3 1/3 67 15 3 4 3 3
髙橋亮 1 2/3 22 6 0 1 1 0
田中裕 1 21 5 0 1 2 0
石井 3 40 13 5 2 0 1
9 150 39 8 8 6 4

 

▽本塁打 
▽三塁打 越智、小原
▽二塁打 森下智、吉田、柳町、植田清、内田
▽三振 明8  慶7
▽四球 明6  慶7
▽犠打 明2  慶3
▽盗塁 明1  慶0
▽失策 明1  慶0
▽併殺 明1  慶2
ページの先頭へ戻る