新着情報

ホーム > 戦評 > 六大学野球社会人対抗戦 対三菱日立パワーシステムズの結果

新着情報

六大学野球社会人対抗戦 対三菱日立パワーシステムズの結果

2018年03月31日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
 三菱日立パワーシステムズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

 

投手陣が最少失点に抑えるも、打線が繋がらない

新チーム初となる神宮球場での試合を勝ち星で飾りたい、六大学野球社会人対抗戦・対三菱日立パワーシステムズ戦。

初回、二死から柳町が四球を選び、続く嶋田の左安で一、二塁とすると、郡司が右安を放ち、二塁走者の柳町が本塁を狙うも惜しくも憤死、先制には至らない。

2回裏、先発の佐藤が先頭に左前安打を許し、一死から連続四球で満塁の窮地を招くも、後続を一飛と空振三振に打ち取り、得点を与えない。

しかし4回裏、死球や安打などで一死満塁とされ、犠飛で1点を先制されるも、最少失点で切り抜ける。

6回裏には、5回から継投している津留﨑が、この試合初の三者凡退に抑え、攻撃への流れを作る。

直後の7回表、一死から瀬戸西の死球と代打・長谷川晴の内野安打で一、二塁の好機を作ると、主将・河合の中前適時打で1点を返し、同点とする。

両チームゆずらぬまま同点で迎えた9回裏、二死から安打を許し、サヨナラの走者を出すも、後続を空三振に抑え、試合終了。規定により延長は行わず、1-1で引き分けた。

社会人相手に5人の継投で1失点に抑え、打っては10安打を記録するも打線が繋がらず、残塁11と課題を残す一戦となった。

リーグ戦開幕まで2週間。この試合で得た収穫と課題を生かし、万全な状態で開幕戦に臨みたい。

(2年・マネージャー Y.A)

 

0331三菱日立パワーシステムズ 同点の適時打を放った河合同点の適時打を放った主将・河合
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(中) 橋本典 2 1 0 0 0 0
代打 若林 1 0 0 1 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
代打 長谷川晴 1 1 0 0 0 0
走中 渡部遼 1 0 0 1 0 0
(左)右 河合 4 1 1 1 0 0
(二)中 柳町 3 0 0 2 1 1
菊地 0 0 0 0 0 0
杉本 1 0 0 0 0 0
(一) 嶋田 4 2 0 1 0 0
(捕) 郡司 4 2 0 0 0 0
(三) 内田 2 0 0 0 0 1
田中凌 1 1 0 0 1 0
(右) 中村 4 0 0 2 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
(遊)二 小原 4 2 0 0 0 0
(投) 佐藤 0 0 0 0 0 0
代打 亀川 1 0 0 1 0 0
関根 0 0 0 1 0 0
打遊 瀬戸西 2 0 0 0 1 0
35 10 1 10 3 2
               
【MHPS】
(二) 久保 4 1 1 2 0 0
(遊) 矢野 4 0 0 1 1 0
(三) 久木田 5 3 0 1 0 0
代走 成田 0 0 0 0 0 0
(左) 4 1 0 1 0 0
江越 1 0 0 1 0 0
(一) 村山 4 0 0 1 0 0
(中) 八戸 3 1 0 1 1 0
走中 中西 0 0 0 0 0 0
(右) 常道 1 0 0 0 3 0
(捕) 平野 4 1 0 1 0 0
(投) 奥村 1 0 0 1 0 0
代打 園田 1 0 0 0 0 0
藤本 0 0 0 0 0 0
代打 五十嵐 1 0 0 1 0 0
松田 0 0 0 0 0 0
代打 加治前 1 0 0 1 0 0
本多 0 0 0 0 0 0
34 7 1 12 5 0

 

【慶 大】 球数
佐藤 2 50 9 1 4 3 0
関根 2 37 11 2 0 1 1
津留﨑 2 31 7 1 3 0 0
菊地 1 13 4 1 0 0 0
石井 2 43 9 2 5 1 0
9 174 40 7 12 5 1
               
【MHPS】 球数
奥村 4 56 16 4 2 1 0
藤元 2 31 9 3 4 0 0
松田 2 44 11 3 3 2 1
本多 1 8 3 0 1 0 0
9 139 39 10 10 3 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 久保、小原
▽三振 慶10  三12
▽四球 慶3  三5
▽犠打 慶1  三1
▽盗塁 慶0  三1
▽失策 慶2  三0
▽併殺 慶0  三0

 

 

ページの先頭へ戻る