新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度秋季リーグ戦 対法政大学四回戦の結果

新着情報

平成29年度秋季リーグ戦 対法政大学四回戦の結果

2017年09月26日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 1 2 0 0 0 0 3 6
 法政大 0 0 0 3 0 3 1 0 x 7

 

最終回の反撃も一歩及ばず 勝ち点落とす

一勝一敗一分で迎えた、対法大四回戦。

大事な一戦の先発を任されたのは、先カードで好投を見せ初白星を挙げた津留﨑。

序盤、両先発による緊迫した投手戦が繰り広げられる。

試合が動いたのは3回表、先頭・郡司の今季2本目の本塁打で貴重な先制点を挙げる。

さらに4回表、先頭の柳町が四球を選ぶと続く岩見が3試合連続となる本塁打を放ち、2点を追加する。

しかしその裏、安打や死球などを許し二死満塁の窮地を招くと、走者一掃の適時三塁打を放たれ、同点とされる。

6回裏には、連打や死球で無死満塁とされると犠飛と適時三塁打を浴び、この回一挙3点を奪われると、7回裏にもさらに1点を追加される。

4点差で迎えた9回表、このまま終われない塾打線は一死から清水翔が三塁打を放ち、続く倉田の適時打で1点を返す。

一気に反撃のムードが高まる中、打席には代打・明渡。4球目を振りぬくと、打球は大きな弧を描き左翼スタンドへ。

1点差にまで詰め寄る猛反撃に、三塁側スタンドは大いに盛り上がる。

さらに代打・中村と天野が期待に応え連打を放ち一、二塁とするも、後が空三振に倒れ、試合終了。最終回の追い上げもあと一歩及ばず、6-7で惜敗した。

4戦に渡る激闘を制すことはできなかったが、この悔しさを糧に後半戦に臨みたい。

(2年・マネージャー H.M)

 

 

9回表に代打で出場し、見事本塁打を放った明渡

 

【慶 大】
(右) 天野 4 2 0 0 1 0
(三) 瀬尾 5 0 0 2 0 1
(中) 柳町 3 0 0 1 1 0
(左) 岩見 4 1 2 1 0 0
(一) 清水翔 4 2 0 0 0 0
(二) 倉田 4 2 1 0 0 0
(捕) 郡司 4 1 1 1 0 0
(遊) 照屋 3 0 0 2 0 0
代打 明渡 1 1 2 0 0 0
(投) 津留﨑 1 0 0 0 0 0
石井 1 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
代打 中村 1 1 0 0 0 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
36 10 6 7 2 1
               
【法 大】
(中) 舩曳 5 ] 2 1 0 0
清水二 0 0 0 0 0 0
(遊) 相馬 5 2 0 0 0 0
(右) 向山 4 0 0 0 0 0
(一) 中山 4 0 0 3 0 0
(三) 福田 4 1 0 0 0 0
(左) 毛利 3 2 0 1 1 0
(二) 川口 4 3 4 0 0 0
(捕) 中村浩 2 0 0 0 2 0
(投) 長谷川 1 0 0 0 0 0
代打 吉岡 0 0 0 0 1 0
菅野 1 0 1 0 0 0
熊谷 0 0 0 0 0 0
33 8 7 5 4 0

 

【慶 大】 球数
津留﨑 3 2/3 62 18 3 2 3 0
石井 2 1/3 31 12 4 1 1 3
佐藤 0 2/3 22 4 2 2 0 1
髙橋亮 1 1/3 13 4 1 0 0 0
8 128 38 10 5 4 4
               
【法 大】 球数
長谷川 4 64 16 3 1 2 3
菅野 4 1/3 55 17 4 4 0 2
熊谷 0 2/3 15 5 3 2 0 1
9 134 38 10 7 2 6

 

▽本塁打 郡司、岩見、明渡
▽三塁打 清水翔、川口、舩曳
▽二塁打 毛利、相馬、川口2
▽三振 慶7  法5
▽四球 慶2  法4
▽犠打 慶0  法1
▽盗塁 慶0  法1
▽失策 慶1  法0
▽併殺 慶1  法1

 

ページの先頭へ戻る