新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度秋季リーグ戦 対法政大学三回戦の結果

新着情報

平成29年度秋季リーグ戦 対法政大学三回戦の結果

2017年09月25日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 0 0 0 0 3 0 0 0 2 5
 慶應義塾 2 0 0 1 3 1 0 2 x 9

 

3本の本塁打を含む2桁安打で快勝 勝ち点奪取へ望み繋ぐ

一敗一分という後がない状況の中迎えた、対法大三回戦。

先発を託されたのは、一回戦で好投を見せたリーグ戦初先発の石井雄。

1回裏、先頭の天野が内野安打を放つと、死球などで二死二、三塁の好機を作る。暴投と清水翔の適時二塁打で、幸先良く2点を先制する。

さらに4回裏、四番・岩見が今季3本目となる本塁打を放ち、1点を追加する。

試合の主導権を握ったと思われたが、直後の5回表、一死満塁から連続適時打で3点を奪われ、試合は振り出しに戻る。

勝ち越したい打線は続く裏、一死から代打・植田清と天野の連打で一、二塁とすると、瀬尾がリーグ戦初となる本塁打を放ち、勝ち越しに成功する。

6回裏、清水翔が敵失で出塁すると、倉田の犠打で進塁し、郡司の適時打で1点を追加する。

さらに8回裏にも、先頭・清水翔の右前安打と倉田の犠打で一死三塁とすると、郡司が今季初本塁打を放ち、相手を突き放す。この試合チーム3本目の本塁打に1塁側スタンドは大いに沸いた。

9回表、適時打などで2点を返されるも、そのまま逃げ切り、9-5で勝利した。

なお、この試合で3番手で登板した1年生左腕・佐藤がリーグ戦初白星を挙げた。

通算17号を放った岩見は、元巨人の大森剛(平成2年卒、高松商)に並ぶリーグ歴代8位タイ記録。

2つ目の勝ち点奪取へ向け、なんとか明日に繋げることができた。

明日四回戦も総力戦で挑み、勝ち点をもぎとりたい。

(2年・マネージャー G.R)

 

 

勝ち越しとなるリーグ戦初本塁打を放った瀬尾

 

【法 大】
(遊) 相馬 4 1 2 0 0 0
(二) 小林 3 0 0 1 0 0
川口 1 0 0 0 0 0
(中) 毛利 4 0 0 1 0 0
(一) 中山 3 0 0 2 1 0
(三) 福田 4 1 0 0 0 1
(右) 向山 3 3 1 0 1 0
(左) 原田 3 1 0 2 1 0
(捕) 鎌倉 3 1 0 1 0 0
代打 俵積田 1 0 0 0 0 0
(投) 菅野 1 0 0 0 0 0
代打 舩曳 1 1 1 0 0 0
内沢 0 0 0 0 0 0
落合 0 0 0 0 0 0
代打 1 0 0 0 0 0
高氏 0 0 0 0 0 0
代打 町田 1 0 0 0 0 0
33 8 4 7 3 1
               
【慶 大】
(右) 天野 4 2 0 1 0 0
中村 0 0 0 0 0 0
(三) 瀬尾 3 2 3 0 1 0
(中) 柳町 4 0 0 1 0 0
(左) 岩見 4 1 1 1 0 0
大西駿 0 0 0 0 0 0
(一) 清水翔 4 2 1 0 0 0
(二) 倉田 2 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 4 2 3 0 0 0
(遊) 照屋 4 0 0 0 0 0
(投) 石井 1 0 0 0 0 0
川端 0 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 1 0 0 0 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
代打 明渡 1 0 0 0 0 0
関根 0 0 0 0 0 0
髙橋佑 1 0 0 0 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
33 10 8 3 1 0

 

【法 大】 球数
菅野 4 50 16 3 2 1 3
内沢 0 1/3 11 4 3 0 0 3
落合 1 2/3 22 7 1 0 0 0
高氏 2 30 9 3 1 0 2
8 113 36 10 3 1 8
               
【慶 大】 球数
石井 4 1/3 77 18 4 3 1 3
川端 0 2/3 6 2 1 1 0 0
佐藤 1 11 3 0 1 0 0
関根 1 23 4 1 1 1 0
髙橋佑 1 0/3 25 6 2 0 1 2
髙橋亮 1 14 3 0 1 0 0
9 156 36 8 7 3 5

 

▽本塁打 岩見、瀬尾、郡司
▽三塁打 
▽二塁打 向山、清水翔、瀬尾
▽三振 法7  慶3
▽四球 法3  慶1
▽犠打 法0  慶2
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法1  慶0
▽併殺 法0  慶1

 

ページの先頭へ戻る