新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度秋季リーグ戦 対東京大学三回戦の結果

新着情報

平成29年度秋季リーグ戦 対東京大学三回戦の結果

2017年09月19日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 1 0 0 0 0 0 5 0 4 10
 慶應義塾 0 0 3 5 0 0 2 3 x 13

 

追い上げを振り切り勝利、開幕カードで勝ち点奪取

一勝一敗という絶対に負けられない中で臨んだ、対東大三回戦。

先発を託されたのは、リーグ戦初先発となる期待の2年生右腕・津留﨑。

初回、四球や安打などで一死一、三塁とされ、内野ゴロの間に先制されるものの、後をしっかり打ち取り、最少失点に抑える。

反撃したい打線は、3回裏、二死から瀬尾が死球で出塁すると柳町が内野安打を放ち一、三塁の場面で打席には4 番岩見。

主砲の岩見が放った打球は左翼スタンドに飛び込む、逆転の3点本塁打となる。岩見は通算15本目のアーチ。

さらに4回裏には、倉田と照屋が安打で出塁すると、津留﨑・柳町・岩見の適時打などで一挙5点を追加し、相手を突き放す。

中盤には岩見・照屋の好守が飛び出すものの、7回表に2つの四球を与えると安打や本塁打を浴び計5点を返される。

なんとか点差を広げたい打線は、その裏、先頭の清水翔が二塁打を放つと、照屋の犠飛や菊地の適時打でさらに2点を追加する。

8回裏にも清水翔の二打席連続となる長打と倉田の適時打で3点を挙げる。

7点リードで迎えた最終回、代わった髙橋佑が東大打線に掴まり4 点を失うものの、なんとか逃げ切り、13-10で勝利した。

なお、この試合で先発の津留﨑が5回1 失点の好投でリーグ戦初白星を挙げた。

(2年・マネージャー A.Y)

 

 

逆転の3点本塁打を含む2安打4打点を挙げた岩見
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(中) 辻居 4 3 3 1 1 0
(遊) 新堀 4 1 0 1 0 1
(左) 楠田 5 4 3 1 0 0
(一) 田口 3 0 2 0 1 0
(右) 山本 0 0 0 0 0 0
代打 磯野 1 0 0 1 0 0
杉本 0 0 0 0 0 0
打右 4 1 0 2 0 0
(三) 山下朋 3 0 0 2 2 0
(二) 水島 1 0 0 0 0 0
代打 青山 1 0 0 0 0 0
笠原 0 0 0 0 0 0
代打 藤井 1 0 0 1 0 0
0 0 0 0 0 0
代打 森田 1 0 0 0 0 0
岩田 0 0 0 0 0 0
代打 土井 1 0 0 1 0 0
(捕) 三鍋 3 0 0 1 1 0
(投) 宮台 1 0 0 0 0 1
濵﨑 1 0 0 1 0 0
小林 0 0 0 0 0 0
柴田 0 0 0 0 0 0
宮本 1 1 0 0 0 0
35 10 8 12 5 2
               
【慶 大】
(右) 中村 2 0 1 0 0 0
打右 天野 2 1 1 0 0 0
(三) 瀬尾 4 1 0 0 1 0
(中) 柳町 5 2 2 0 0 0
(左) 岩見 4 2 4 0 1 0
打左 大串 0 0 0 0 0 1
(捕) 郡司 4 0 0 0 0 0
代打 内田 0 0 0 0 1 0
三枝 0 0 0 0 0 0
(一) 清水翔 3 2 2 0 2 0
(二) 倉田 3 2 1 0 0 0
(遊) 照屋 4 1 1 0 0 0
(投) 津留﨑 2 1 1 1 0 0
代打 植田清 0 0 0 0 1 0
佐藤 0 0 0 0 0 1
菊地 1 1 0 0 0 0
代打 小原徳 1 0 0 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
35 13 13 1 6 2

 

【東 大】 球数
宮台 3 2/3 70 21 7 1 2 7
北濵 1 1/3 25 7 1 0 2 0
小林 2 1/3 42 11 3 0 1 2
柴田 0 25 4 2 0 1 2
宮本 0 2/3 4 2 0 0 0 0
8 166 45 13 1 6 11
               
【慶 大】 球数
津留﨑 5 75 19 3 6 2 1
佐藤 1 2/3 41 10 1 2 3 0
菊地 1 1/3 20 5 1 2 0 1
髙橋佑 1 31 9 5 2 0 3
9 167 43 10 12 5 5

 

▽本塁打 楠田、辻居、岩見
▽三塁打 清水翔
▽二塁打 楠田、宮本、瀬尾、照屋、柳町、清水翔、天野
▽三振 東12  慶1
▽四球 東5  慶6
▽犠打 東3  慶4
▽盗塁 東0  慶0
▽失策 東2  慶2
▽併殺 東0  慶0

 

ページの先頭へ戻る