新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

新着情報

平成29年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

2017年09月18日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 0 0 1 2 0 1 0 0 4
 東京大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

 

投打が噛み合い今季1勝目 勝負の第三戦へ

開幕カードの勝ち点死守へ、絶対に負けられない、対東大二回戦。

初回、先頭の中村が二塁打を放ち、続く瀬尾の犠打と四死球で一死満塁の好機を作るも、相手の好守に阻まれ、先制点をあげることができない。

続く裏、マウンドに上がったのは、リーグ戦初先発となる髙橋亮。二死から四球を許すも後続をしっかりと打ち取り、上々の立ち上がりを見せる。

試合が動いたのは、4回表。郡司と清水翔の連打などで一死一、三塁とすると、照屋が中前に適時打を放つ。主将の今季初安打で待望の先制点を奪う。

その裏、一気に流れを掴みたいところだが、一死満塁から適時打を浴び、同点とされる。

しかし直後の5回表、中村の左前安打、瀬尾の犠打、柳町と岩見の連続四球で、一死満塁の好機を作ると、郡司の犠飛と清水翔の適時打で2点を挙げ、勝ち越しに成功する。

さらに7回表には、柳町の二塁打と岩見の中飛で一死三塁とすると、郡司の適時二塁打で1点を追加する。

3点のリードをもらった髙橋亮は、7回以降を無失点で抑え、試合終了。5回以降三塁を踏ませない圧巻の投球を見せ、9回1失点、10奪三振で白星を挙げた。髙橋亮は初完投で通算3勝目。

投打が噛み合い、今季1勝目を挙げることができた。

明日も気を引き締めて戦い、必ず勝ち点を掴みたい。

(1年・マネージャー I.C

 

 

リーグ戦初先発で初完投勝利を挙げた髙橋亮
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 中村 5 2 0 3 0 0
天野 0 0 0 0 0 0
(三) 瀬尾 3 0 0 1 0 0
(中) 柳町 3 1 0 1 2 0
(左) 岩見 3 0 0 0 2 0
大串 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 2 2 0 1 0
(一) 清水翔 3 2 1 0 1 0
(二) 倉田 2 0 0 0 1 0
代打 長谷川 1 0 0 1 0 0
小原徳 0 0 0 0 0 0
(遊) 照屋 2 1 1 0 1 0
(投) 髙橋亮 3 0 0 0 0 0
28 8 4 6 8 0
               
【東 大】
(中) 辻居 4 0 0 2 0 0
(遊) 新堀 4 1 0 2 0 0
(左) 楠田 2 0 0 1 2 0
(一) 田口 3 0 0 2 1 0
(右) 山本 1 0 0 0 0 0
代打 磯野 1 1 0 0 0 0
走右 杉本 0 0 0 0 0 0
打右 2 1 0 0 0 0
(三) 山下朋 4 1 1 0 0 0
(二) 水島 2 0 0 0 0 0
代打 青山 1 1 0 0 0 0
走二 笠原 0 0 0 0 0 0
代打 森田 1 0 0 0 0 0
(捕) 三鍋 3 0 0 1 0 0
(投) 濵﨑 1 0 0 1 0 0
宮本 1 0 0 0 0 0
小林 1 0 0 1 0 0
柴田 0 0 0 0 0 0
31 5 1 10 3 0

 

【慶 大】 球数
髙橋亮吾 9 118 34 5 10 3 1
9 118 34 5 10 3 1
               
【東 大】 球数
濵﨑 4 1/3 85 22 5 2 5 3
宮本 2 36 10 3 1 1 1
小林 2 31 7 0 3 1 0
柴田 0 2/3 6 2 0 0 1 0
9 158 41 8 6 8 4

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 中村、柳町、郡司、新堀、岡
▽三振 慶6  東10
▽四球 慶8  東3
▽犠打 慶5  東0
▽盗塁 慶1  東0
▽失策 慶0  東0
▽併殺 慶0  東1

 

ページの先頭へ戻る