新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2017年05月14日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 1 0 1 0 0 1 0 0 0 3
 慶應義塾 0 0 0 0 3 0 1 1 x 5

 

前年の春秋王者を相手に奮闘し先勝

優勝のために負けられない今カード。
例年苦戦を強いられているだけに先勝し勢いをつけたい対明大一回戦。

初回、連打と失策で先制を許す。

3回表には、一死一 、三塁の場面で左中間へ大飛球を浴びるも中堅手の柳町が好捕し犠飛による1失点で切り抜ける。

すると5回裏、4回まで2安打に抑えられていた打線が反撃に出る。

先頭の倉田が安打で出塁すると、四球などで一死一、二塁とし、天野が適時打を放つ。続く瀬尾が四球を選び一死満塁とすると、柳町の適時打と岩見の犠飛で計3点をもぎとり逆転に成功する。

しかし、6回表、継投した菊地が本塁打を浴び同点に追いつかれる。

勝ち越したい塾野球部は7回裏、先頭の天野が安打を放つと、野手選択、柳町の犠打、岩見の投手強襲安打で一死満塁の好機を作る。

塾に流れが来ているかのように雲間から光が差し込みスタンドの応援にも熱が入るなか、暴投で勝ち越しに成功。

さらに8回裏、瀬尾の適時打で2点差とし勝利を引き寄せる。

投げては7回表から継投した髙橋亮が3イニングを一人の走者も出さない完璧な投球で締め試合終了。

少ない好機を着実にものにし大事な初戦を勝利で飾ることができた。
この勢いのまま連勝で勝ち点を奪いたい。

(4年・マネージャー H.K)

7回から継投し初勝利を挙げた髙橋亮
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(三) 渡辺 4 0 0 0 0 0
(遊) 竹村 4 2 0 0 0 1
(中) 逢澤 4 2 0 0 0 0
(右) 越智 4 1 1 0 0 0
(一) 平塚 3 0 1 1 0 0
(二) 宮﨑 4 2 1 0 0 0
(左) 添田 4 1 0 0 0 0
(捕) 氷見 3 1 0 1 0 0
代打 奥村 1 0 0 0 0 0
(投) 齊藤 1 0 0 1 0 0
代打 中野 1 0 0 0 0 0
外尾 0 0 0 0 0 0
石毛 0 0 0 0 0 0
入江 0 0 0 0 0 0
三輪 0 0 0 0 0 0
代打 太田 1 0 0 1 0 0
34 9 3 4 0 1
               
【慶 大】
(右) 天野 4 2 1 0 1 0
(三) 瀬尾 3 1 1 1 1 0
(中) 柳町 4 2 1 1 0 0
(左) 岩見 3 1 1 1 0 0
中村 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 0 0 1 1 0
(一) 清水翔 4 0 0 0 0 0
(二) 倉田 4 2 0 1 0 0
(遊) 照屋 3 1 0 0 0 1
(投) 髙橋佑 1 1 0 0 0 0
代打 明渡 0 0 0 0 1 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
菊地 0 0 0 0 0 0
代打 小原和 1 0 0 0 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
30 10 4 5 4 1

 

【明 大】 球数
齊藤 5 91 23 5 3 3 3
外尾 1 0/3 27 6 2 0 0 1
石毛 0 1/3 4 2 1 0 0 0
入江 1 1/3 24 7 2 1 1 1
三輪 0 1/3 8 1 0 1 0 0
8 154 39 10 5 4 5
               
【慶 大】 球数
髙橋佑 5 78 22 7 2 0 2
菊地 1 14 5 2 0 0 1
髙橋亮 3 45 9 0 2 0 0
9 137 36 9 4 0 3

 

▽本塁打 宮﨑  
▽三塁打   
▽二塁打 逢澤、柳町
▽三振 明4  慶5  
▽四球 明0  慶4  
▽犠打 明2  慶5  
▽盗塁 明0  慶1  
▽失策 明1  慶1  
▽併殺 明0  慶1  

 

ページの先頭へ戻る