新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対法政大学三回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対法政大学三回戦の結果

2017年05月08日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 0 3 3 0 0 0 0 2 0 8
 慶應義塾 0 0 0 0 0 1 3 0 0 4

 

岩見の2打席連続弾も一歩及ばず、勝ち点献上

前日の二回戦で先勝を許しただけに絶対に負けられない、対法大三回戦。

先発・関根が初回を3人で抑え上々の立ち上がりを見せる。

しかし2回表、一回戦に続き法大打線に捕まり、連打を浴びるなど3点を失う。

3回表には本塁打を含む4安打を許し、さらに3点を追加され法大の勢いを止められない。

4回途中から菊地が登板し、無死一、二塁の窮地を無失点に抑える圧巻の投球を見せ、打線の奮起を待つ。

エースの好投に応えたい打線は、6回裏、先頭・岩見の打球が風に乗り左翼スタンド上段へ。

さらに7回裏、死球や代打・河合の中前安打などで無死一、三塁の好機を作ると、柳町の犠飛で追加点を挙げる。続く打席には岩見。フルカウントから放った打球は左中間スタンドに弾み、主砲の2打席連続弾で2点を追加し、この回一気に2点差に詰め寄る。

流れを掴んだと思われたのも束の間、8回表から継投した髙橋亮が力強い投球を見せるも2点を奪われ、再び点差を広げられる。

逆転を信じるも、8回以降打線が沈黙し、4-8で敗戦した。

今カードで5校が勝ち点2に並び、来週以降、激しい戦いが予想される。

次週行われる明治戦では3季ぶりの勝ち点を奪取し、優勝争いへ食い込めるよう部員一丸となって戦っていきたい。

2年・マネージャー H.M

0508法政③ 2打席連続弾を放ち、再び本塁打数・打点数共にリーグ首位へ躍り出た岩見

2打席連続弾を放ち、再び本塁打数・打点数共にリーグ首位へ躍り出た岩見
写真提供:慶應スポーツ新聞会 

 

【法 大】
(遊) 相馬 4 1 0 0 0 0
(右) 大西千 2 0 0 1 1 0
走右 清水二 1 1 0 0 0 0
代打 小林 1 0 0 1 0 0
内沢 0 0 0 0 0 0
熊谷 0 0 0 0 0 0
(左)右 4 3 2 1 0 0
(一) 中山 5 2 2 0 0 0
(三) 福田 5 3 0 1 0 0
(二) 川口 4 1 2 1 0 0
(捕) 鎌倉 3 1 1 2 0 0
中村浩 1 1 0 0 0 0
(中) 舩曳 4 2 1 1 1 0
(投) 長谷川 2 0 0 1 0 0
代打 原田 0 0 0 0 1 0
走左 斎藤卓 0 0 0 0 0 0
36 15 8 9 3 0
               
【慶 大】
(右) 天野 5 1 0 0 0 0
(中) 柳町 3 0 1 0 0 0
(左) 岩見 4 2 3 1 0 0
(捕) 郡司 4 0 0 0 0 0
(一) 清水翔 3 0 0 0 1 0
(二) 倉田 3 1 0 0 1 0
(三) 瀬尾 3 0 0 2 1 0
(遊) 照屋 3 2 0 1 1 0
(投) 関根 0 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 0 0 0 0 0
内村 0 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
菊地 1 1 0 0 0 0
代打 河合 1 1 0 0 0 0
髙橋亮 0 0 0 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
代打 明渡 1 0 0 0 0 0
32 8 4 4 4 0

 

【法 大】 球数
長谷川 7 116 31 7 3 4 4
内沢 1 12 4 1 1 0 0
熊谷 1 3 2 0 0 0 0
9 131 37 8 4 4 4
               
【慶 大】 球数
関根 2 39 10 4 2 0 3
内村 1 28 8 4 0 1 3
佐藤 0 0/3 5 2 1 0 1 0
菊地 4 49 14 2 6 0 0
髙橋亮 1 1/3 37 9 4 1 1 2
髙橋佑 0 2/3 4 1 0 0 0 0
9 162 44 15 9 3 8

 

▽本塁打 中山、岩見2 
▽三塁打 
▽二塁打 川口、福田、相馬
▽三振 法9  慶4
▽四球 法3  慶4
▽犠打 法5  慶1
▽盗塁 法0  慶2
▽失策 法0  慶0
▽併殺 法2  慶1

 

ページの先頭へ戻る