新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2017年05月06日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 法政大 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5
 慶應義塾 3 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5

 

延長12回に及ぶ熱戦 惜しくもサヨナラならず引き分け

前週の結果により首位に立ち、このまま勝ち点を落とさず優勝戦線に留まりたい慶大。
対法大一回戦は夏日を記録する中、死闘が繰り広げられた。

立大三回戦で好投した先発の関根だったが初回、いきなり法政打線につかまり4点を失う。

しかしその裏、天野と柳町の安打などで無死満塁の好機を作ると、押し出しや清水翔の適時打などで3点を返しすぐさま反撃に出る。

序盤で試合を振り出しに戻したい打線は3回裏、打撃好調の郡司の安打と犠打で一死二塁とすると照屋が適時二塁打を放ち同点、主将としての意地を見せる。

4回表に暴投で1点を勝ち越されるが、5回裏、清水翔の自身初となるリーグ戦初本塁打が飛び出し、これが貴重な同点弾となる。

終盤に入ると両校の救援陣が好投し、試合が膠着状態に入る。

10回裏には先頭の郡司があわや本塁打の当たりを放つも、不運にもフェンスに阻まれ二塁打、後も続かず得点には至らない。

負けはなくなった12回裏、先頭の柳町の安打と犠打で一死二塁とし、応援席はこの日一番の盛り上がりを見せる。郡司は遊ゴロに倒れるも、迎える打者は清水翔。とらえた当たりは左翼手の前に落ちたが、好返球に阻まれ惜しくも憤死、2カード連続の引き分けスタートとなった。

この一戦を無駄にしないよう、明日こそは総力戦で勝利をもぎ取りたい。

(3年・マネージャー K.Y) 

0506法政① リーグ戦初本塁打が貴重な同点弾となった清水翔

リーグ戦初本塁打が貴重な同点弾となった清水翔
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(遊) 相馬 5 0 0 0 0 0
(左) 4 2 0 0 0 0
代走 大崎 0 0 0 0 0 0
清水二 1 0 0 0 0 0
(二) 川口 4 1 0 1 0 0
(一) 中山 4 2 0 1 1 0
(三) 福田 3 0 1 1 0 0
(右) 大西千 4 1 0 0 1 0
(捕) 鎌倉 3 1 2 0 0 0
(中) 舩曳 5 0 0 1 0 0
(投) 長谷川 0 0 0 0 1 0
代打 町田 1 0 0 1 0 0
内沢 0 0 0 0 0 0
熊谷 2 0 0 1 0 0
代打 小林 1 0 0 1 0 0
菅野 0 0 0 0 0 0
37 7 3 7 3 0
               
【慶 大】
(右) 天野 5 3 0 0 0 0
(三) 瀬尾 3 1 0 2 2 0
打三 瀬戸西 1 0 0 0 0 0
(中) 柳町 5 2 0 0 1 0
(左) 岩見 4 0 0 2 0 1
髙橋亮 1 0 0 0 0 0
代打 河合 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 5 2 1 0 1 0
(一) 清水翔 5 3 2 0 0 1
(二) 倉田 5 0 1 0 0 0
(遊) 照屋 4 1 1 0 1 0
(投) 関根 0 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 0 0 1 0 0
菊地 1 0 0 0 0 0
代打 小原和 0 0 0 0 1 0
代走 大西健 0 0 0 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
中村 2 0 0 0 0 0
42 12 5 5 6 2

 

【法 大】 球数
長谷川 3 64 18 6 2 3 4
内沢 2 27 8 2 0 1 1
熊谷 6 74 21 2 3 2 0
菅野 1 8 4 2 0 0 0
12 173 51 12 5 6 5
               
【慶 大】 球数
関根 2 39 11 4 0 2 3
菊地 4 51 14 1 3 0 0
髙橋佑 1 12 3 0 0 0 0
髙橋亮 5 62 17 2 4 1 0
12 164 45 7 7 3 3

 

▽本塁打 清水翔 
▽三塁打 
▽二塁打 照屋、郡司
▽三振 法7  慶5
▽四球 法3  慶6
▽犠打 法5  慶3
▽盗塁 法0  慶0
▽失策 法0  慶2
▽併殺 法2  慶2

 

ページの先頭へ戻る