倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2021年春号(アナリストの活動)

倶楽部報(2021年春号)

アナリストの活動

アナリスト 佐々木 勇哉(法学部政治学科2年 立川高)

2021年04月09日

アナリスト 佐々木 勇哉

アナリストを務めております、2年の佐々木勇哉と申します。三田倶楽部の皆様には、日頃よりご支援を賜り、心から感謝申し上げます。

昨年度より新たに“アナリスト”というポジションが設置され、私はその1人目として入部いたしました。まず、アナリストの設置に際し、監督をはじめ多くの方々のご理解、ご支援をいただきましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。

昨年の活動の中で感じたことは、0を1にする難しさです。高校で分析に携わった経験もない上に前例もないため、最初は何から始めれば良いのか、右も左もわからない状態でした。しかし、監督、助監督、福井主将などのお話を伺いながら、少しでも自分にできることを模索し、練習での動画撮影やリーグ戦・オープン戦のデータのまとめ作業などに取り組んでまいりました。

ただ、アナリストの存在がチーム全体に完全に浸透しているかと言いますと、まだ足りない部分があると感じております。そのため、学年やポジションに関わらず、様々な選手とコミュニケーションをとることに努めてまいる所存です。

そして、目の前の春季リーグ戦に向けて昨年の悔しさを胸に、データ班の3、4年生の先輩方と力を合わせてチームの勝利につながる分析をしてまいります。

日吉野球場で練習に臨むアナリストの佐々木勇哉君
日吉野球場で練習に臨むアナリストの佐々木勇哉君

ページの先頭へ戻る