倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2017年号外(インタビュー(リーグ戦優勝を決めて))

倶楽部報(2017年号外)

インタビュー(リーグ戦優勝を決めて)

野球部主将 照屋  塁(環境情報学部4年 沖縄尚学高)

2017年11月10日

野球部主将 照屋  塁

春季リーグの優勝をあと1勝で逃して悔しい思いをする中で、「春を超える」をキャッチフレーズに練習を重ね、秋季リーグに臨みました。初戦の東大戦を落とし、2カード目の法政戦の1戦目で大差の大敗を喫した時には、これまでの取り組みが報われないのかとチームが沈みました。その後、法政との2,3,4戦目に向けて4年生を中心に鼓舞しあって粘りを出せたこと、ビックイニングを作れたことで、勝ち点を落としたものの皆が「春との違い」を感じる中でチームに自信が戻ってきました。目の前の1戦1戦に勝っていくしか無い状況で臨んだ明治との接戦を制し、立教との1回戦でも粘りの逆転勝ち、リーグ後半から安定してきた投手陣に助けられて、ロースコアの試合でも勝利を収めることができるようになりました。最後の早慶戦では、共に接戦となりましたが、1年生の好投に助けられ連勝し、優勝となりました。優勝やその後のパレード・祝賀会を通じて4年間ともに生活してきた4年生全員で、これまでの取り組みを称えあって喜ぶことができたことはとても嬉しかったです。後輩も力をつけてこれに続いてくれると思っています。

三田倶楽部の諸先輩方には物心両面で我々現役メンバーをご支援頂き大変感謝しております。強化委員の皆様にはお忙しい中グラウンドに足を運んで頂き、メールや電話でも様々なアドバイスを頂きました。先輩方から優勝を強く意識づけて頂いたことはチームを引っ張る身として大変参考になりました。三田倶楽部の皆さまの様々なご支援に、優勝という形で応えることができ嬉しく思います。この場を借りて御礼申し上げます。

慶應の三色旗カラーに彩られた東京タワーを背景に
慶應の三色旗カラーに彩られた東京タワーを背景に

ページの先頭へ戻る