倶楽部報

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2017年秋号 > 2017年秋号(ラストシーズンに向けて)

倶楽部報(2017年秋号)

ラストシーズンに向けて

野球部主将 照屋  塁(環境情報学部4年 沖縄尚学高)

2017年09月09日

野球部主将 照屋  塁

今年度主将を務めております照屋塁と申します。日頃より野球部への多大なるご支援、温かいご声援をいただきありがとうございます。深く御礼申し上げます。

今春のリーグ戦はあと一歩のところで優勝を逃してしまい大変悔しいシーズンとなりました。シーズンを通して接戦となった試合が多く、優勝するためにはより粘り強く接戦をものにする力をつけなければならないと痛感しました。

春季リーグ戦の結果を踏まえ、夏場は静岡県伊豆市でキャンプを行い、一球、一振りに対してこれまで以上に真摯に取り組み厳しい練習をしてきました。また、昨年と同様に新潟県三条市での試合や福島遠征を行うことで、一人一人の練習時間を確保し多くの実戦経験を積むことができ、チーム力の底上げにつながっています。

さらにこの夏は熊本県熊本市と愛媛県西条市での全早慶戦や宮崎県宮崎市での六大学オールスターとさまざまな環境で多くの試合を経験することで、秋リーグ戦への手応えを得ることができました。

これから始まる秋のリーグ戦は、4年生にとって大学野球最後のシーズンとなります。春の悔しさを晴らすべく、7季ぶりのリーグ優勝、そして日本一を目指しチーム一丸となって戦っていきます。

最後になりますが日頃よりさまざまな場面で野球部の活動にご協力を賜りありがとうございます。秋のシーズンも野球部への温かいご支援・ご声援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る