バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2015年秋号 > 2015年秋号(秋季リーグ戦に向けて)

倶楽部報(2015年秋号)

秋季リーグ戦に向けて

野球部監督 大久保 秀昭(平成4年卒 桐蔭学園高)

2015年09月09日

野球部監督 大久保 秀昭

まずは先の春季リーグ戦におきまして温かいご声援を送っていただいた皆様に感謝申し上げます。開幕カードの法政大学戦に連敗し幸先の良いスタートとはなりませんでしたが、何とか最終カードの早稲田大学戦まで優勝の可能性を残すことができました。しかし、早慶戦では3万を超える満員の観客の皆様にお越しいただいたものの連敗し、目の前で早稲田大学に優勝を決められるという非常に悔しい結果となりました。皆様のご期待にお応えできなかったことをお詫び致します。

さて、秋季リーグ戦に向けてのチームの近況を報告させていただきます。8月1日より合同練習を再開し、10日からはオープン戦も始まりました。例年は夏季キャンプを行っていましたが、今年は4年生の就職活動の時期が変わったこともあり、キャンプは行わずに日吉で練習を行いました。異様なまでに暑い毎日が続きましたが、ここまでは大きな怪我人もなく進んでいます。

また、練習再開からわずか数日後に竹内前監督がご逝去され、悲しい別れとなってしまいました。特に4年生は一緒に過ごした時間も長く、ショックも大きかったことと思います。最後のシーズンにいい報告が出来るように奮起してくれると信じています。

キャンプは行いませんでしたが、遠征やオール早慶戦等で中旬以降は忙しくなりました。特に新潟県三条市での育成リーグ、名古屋市と福井市でのオール早慶戦、中津川市での滞在でお世話になった関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

秋季リーグ戦は横尾、山本泰、谷田、小笠原ら下級生から主力として活躍してきた選手たちにとって最後のシーズンとなります。彼らは勿論ですが、三宮、加嶋、梅野、北村ら他の4年生の頑張りにも強く期待します。

最後になりますが、春よりも成長したチームになっているのは間違いありませんので、全力でプレーする選手たちに引き続き温かいご声援を宜しくお願い致します。

ページの先頭へ戻る