新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

令和三年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2021年04月24日

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 明治大 0 1 0 1 1 0 0 2 0 5
 慶應義塾 1 0 0 0 1 4 0 0 x 6

 

激戦を制し、白星発進

優勝に向け、絶対に負けられない対明大一回戦。

優勝の行方を左右する、今カード。

大事な初戦のマウンドを任されたのは、エース・森田。初回を無難に抑え良い流れを作ると、その裏、萩尾の左前安打などで二死一、二塁とし下山の適時打で1点を先制する。

しかし直後の2回表、一死から連打を浴びると内野ゴロの間に1点を失い、試合は振り出しに。

4回表、一死からソロ本塁打で勝ち越されると、5回表にも一死二塁から適時二塁打を放たれ1点を追加される。

2点を追いかける打線は5回裏、二死から渡部遼が自身リーグ戦初となる本塁打を放ち、1点差とする。

さらに6回裏、正木の四球や下山の右前安打などで一死満塁の好機を作り、打席には主将・福井。1ストライクから振り抜いた打球はレフトスタンドのフェンスに直撃する、値千金の適時二塁打となり、2点を奪い逆転に成功する。その後、野選と相手投手のボークでさらに2点を追加しこの回一挙4得点を挙げる。

3点リードで迎えた8回表、一死一塁から本塁打を放たれ、1点差に詰め寄られる。

9回表、橋本達が二死から右前安打を放たれるも後をしっかり空振りの三振に抑え、ゲームセット。

緊迫したシーソーゲームを見事に制し、優勝に近づく貴重な1勝を挙げた。

この勢いそのままに明日も勝利し、優勝を手繰り寄せたい。

(4年・マネージャー I.M)

 

2021春明治①福井章吾3(4年・大阪桐蔭)

逆転の適時二塁打を放った福井

【明 大】
(右) 陶山 5 2 1 0 0 0
(遊) 村松 5 2 0 0 0 0
(中) 丸山 5 1 0 1 0 0
(左) 上田 3 0 0 0 1 0
(捕) 植田 4 3 1 0 0 0
(一) 篠原 4 2 2 0 0 0
(三) 山田陸 4 1 1 1 0 0
(二) 小泉 3 1 0 0 0 0
打二 堀内 1 0 0 0 0 0
(投) 竹田 1 0 0 0 0 0
米原 0 0 0 0 0 0
代打 横山 1 0 0 0 0 0
磯村 0 0 0 0 0 0
石原 0 0 0 0 0 0
代打 岡本 1 0 0 0 0 0
37 12 5 2 1 0
               
【慶 大】
(二) 廣瀬 4 0 0 2 0 0
生井 0 0 0 0 0 0
橋本達 1 0 0 1 0 0
(中) 渡部遼 4 1 1 0 0 0
(左) 萩尾 3 2 0 1 1 0
(一) 正木 2 0 0 0 2 0
(三) 下山 4 2 1 0 0 0
(遊) 朝日 2 0 0 1 0 0
打遊 古川 2 0 0 0 0 0
(右) 橋本典 2 1 0 0 2 0
新美 0 0 0 0 0 0
(捕) 福井 4 1 2 0 0 0
(投) 森田 0 0 0 0 0 0
渡部淳 1 0 0 1 0 0
代打 北村 1 0 1 0 0 0
走二 宮尾 0 0 0 0 0 0
代打 若林 1 0 0 1 0 0
綿引 0 0 0 0 0 0
31 7 5 7 5 0

 

【明 大】 球数
竹田 5 1/3 93 27 6 4 4 6
米原 0 2/3 9 2 0 1 0 0
磯村 1 1/3 19 6 1 0 1 0
石原 0 2/3 11 2 0 2 0 0
8 132 37 7 7 5 6
               
【慶 大】 球数
森田 4 1/3 66 19 7 1 0 3
渡部淳 1 2/3 22 7 2 0 0 0
生井 1 0/3 15 5 1 0 1 1
橋本達 2 26 8 2 1 0 1
9 129 39 12 2 1 5

 

▽本塁打 植田、篠原、渡部遼
▽三塁打 
▽二塁打 植田、陶山2、福井、萩尾
▽三振 明2  慶7
▽四球 明1  慶5
▽犠打 明1  慶1
▽盗塁 明0  慶1
▽失策 明0  慶0
▽併殺 明0  慶0
ページの先頭へ戻る