新着情報

ホーム > 戦評 > 令和二年度秋季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

新着情報

令和二年度秋季リーグ戦 対早稲田大学一回戦の結果

2020年11月07日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶應義塾 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
早稲田大 0 0 0 0 0 1 2 0 × 3

 

投手戦を勝ち切れず 優勝は明日へ持ち越し

勝てば優勝が決まる、対早大一回戦。

両校無敗で迎えた伝統の一戦の先発マウンドに上がったのは、エース・木澤。

両校のエースの投げ合いが「ドラ1対決」(木澤はヤクルト、早川は楽天から1位指名)とも称された試合は前評判通り、投手戦の様相を呈する。

試合前半は両投手が一歩も譲らぬ投球を見せ、スコアボードにはテンポよく0が並ぶ。

試合が動いたのは6回裏。2回以降、一人も走者を許さない気迫溢れる投球を見せていた木澤だが、二死三塁から適時二塁打を浴び先制を許す。

何としても食らいつきたい塾打線は直後の7回表、先頭・正木が二塁打を放ち、犠打で一死三塁の好機を作ると、代打・藤元の遊ゴロの間に正木が生還し同点に追いつく。

しかしその裏、一死から右前安打を放たれると、続く打者に2点本塁打を浴び、勝ち越しを許す。

その後、塾打線は8回、9回ともに走者を出すも、早大エース・早川の好投の前に得点を奪うことができず、そのまま1-3で敗戦した。

今季初黒星を喫し、優勝は明日へ持ち越しとなった。4年生にとって最後の試合となる明日こそは勝利し、優勝を掴み取りたい。

(1年・マネージャー T.H)

 

DSC_7605木澤

エースとして力投を見せた木澤

 

【慶 大】
(中) 渡部遼 4 1 0 1 0 0
関根 0 0 0 0 0 0
(一) 廣瀬 4 0 0 3 0 0
(三) 下山 4 1 0 1 0 0
(右) 正木 3 1 0 1 1 0
(捕) 福井 3 0 0 2 0 0
(左) 若林 2 0 0 2 0 0
水久保 0 0 0 0 0 0
打左 藤元 2 0 1 1 0 0
(二) 宮尾 3 1 0 1 0 0
(遊) 瀬戸西 3 0 0 1 0 0
(投) 木澤 2 0 0 2 0 0
代打 嶋田 1 1 0 0 0 0
走中 新美 0 0 0 0 0 0
31 5 1 15 1 0
               
【早 大】
(二) 金子 3 0 0 1 1 0
(三) 吉澤 2 0 0 0 1 0
(左) 瀧澤 4 2 1 1 0 0
福本 0 0 0 0 0 0
(捕) 岩本 3 0 0 2 1 0
(一) 丸山 3 0 0 3 0 0
(右) 野村 3 0 0 1 0 0
鈴木萌 0 0 0 0 0 0
(遊) 熊田 3 1 0 0 0 0
(中)右 蛭間 3 1 2 2 0 0
(投) 早川 3 0 0 1 0 0
27 4 3 11 3 0

 

【慶 大】 球数
木澤 7 105 28 4 9 3 3
関根 1 19 3 0 2 0 0
8 124 31 4 11 3 3
               
【早 大】 球数
早川 9 122 33 5 15 1 1
9 122 33 5 15 1 1

 

▽本塁打 蛭間
▽三塁打 
▽二塁打 正木 瀧澤
▽三振 慶15  早11
▽四球 慶1  早3
▽犠打 慶1  早1
▽盗塁 慶0  早0
▽失策 慶0  早0
▽併殺 慶0  早0

 

ページの先頭へ戻る