新着情報

ホーム > 戦評 > 令和二年度秋季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

新着情報

令和二年度秋季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

2020年10月19日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶應義塾 0 0 0 2 4 0 0 0 1 7
明治大 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

 

満塁弾で勝ち越し快勝、単独首位に立つ

優勝に向け、今日こそは勝利したい、対明大二回戦。

昨日最終回の勢いそのままに主導権を握りたいところだが、初回に先制を許すと、3回にも1点を追加され、序盤から2点を追う展開となる。

しかし4回表、先頭・廣瀬が四球を選び、続く正木の左前安打、若林の死球などで二死満塁の好機を作ると、主将・瀬戸西の適時打で2点を奪い、試合を振り出しに戻す。

勝ち越したい打線は5回表、四死球や福井の左前安打などで二死満塁とする。絶好の場面で打席は、4回から継投でマウンドに上がり、七番に入っていた投手の長谷川。代打を送るかと思われたが、そのまま打席に向かう。すると1ボール2ストライクからの4球目、内角寄りの直球を左翼ポール際に叩き込み、満塁本塁打で勝ち越しに成功する。初打席での満塁本塁打は、六大学野球史上初となった。

さらに9回表には、先頭・正木のソロ本塁打で相手を突き放し、そのまま7-2で勝利した。

値千金の満塁弾を放った長谷川は、投げても2回無失点で初登板初勝利を飾った。

次カードは、春季リーグ戦で唯一敗戦を喫した、法政大学との対戦になる。

チーム一丸となって戦い、春の雪辱を果たしたい。

 

(4年・マネージャー I.C) 

 

打っては六大学野球史上初となる初打席満塁本塁打、投げては2回無失点で初登板初勝利を飾った長谷川

 

【慶 大】
(二) 宮尾 5 1 0 3 0 0
(中) 渡部遼 4 0 0 0 1 0
(一) 廣瀬 3 1 0 1 2 0
(右) 正木 4 2 1 1 1 0
(捕) 福井 4 2 0 1 1 0
(三) 下山 4 0 0 1 1 1
(左) 若林 1 0 0 0 1 0
長谷川 1 1 4 0 0 0
水久保 1 0 0 1 1 0
(遊) 瀬戸西 4 1 2 1 0 0
(投) 森田 1 0 0 0 0 0
渡部淳 0 0 0 0 0 0
打左 橋本典 2 0 0 0 0 0
長谷部 0 0 0 0 0 0
代打 藤元 1 0 0 0 0 0
生井 0 0 0 0 0 0
35 8 7 9 8 1
               
【明 大】
(二)遊 村松 5 2 0 0 0 0
(左) 西川 4 0 0 0 1 0
(中) 丸山 5 2 0 0 0 0
(一) 上田 3 1 0 0 1 0
(捕) 植田 4 1 1 0 0 0
(三) 公家 4 1 1 1 0 0
(右) 陶山 3 0 0 2 0 0
打二 日置 1 0 0 0 0 0
(遊) 西山 3 1 0 0 0 1
打右 斉藤 1 0 0 0 0 0
(投) 竹田 0 0 0 0 1 0
石原 1 0 0 0 0 0
村田 0 0 0 0 0 0
代打 清水風 0 0 0 0 1 0
代走 堀内 0 0 0 0 0 0
渡部翔 0 0 0 0 0 0
磯村 0 0 0 0 0 0
代打 篠原 1 0 0 1 0 0
髙橋 0 0 0 0 0 0
35 8 2 4 4 1

 

【慶 大】 球数
森田 2 2/3 51 15 5 1 2 1
渡部淳 0 1/3 6 1 0 1 0 0
長谷川 2 28 8 2 1 0 0
長谷部 2 36 9 1 0 2 0
生井 2 19 6 0 1 0 0
9 140 39 8 4 4 1
               
【明 大】 球数
竹田 3 2/3 59 18 3 5 3 2
石原 1 32 7 2 1 2 4
村田 1 1/3 17 4 0 0 0 0
渡部翔 1 28 6 1 1 2 0
磯村 1 11 4 1 0 1 0
髙橋 1 20 4 1 2 0 1
9 167 43 8 9 8 7

 

▽本塁打 長谷川、正木
▽三塁打 
▽二塁打 村松
▽三振 慶9  明4
▽四球 慶8  明4
▽犠打 慶0  明0
▽盗塁 慶0  明0
▽失策 慶1  明1
▽併殺 慶0  明1

 

ページの先頭へ戻る