新着情報

ホーム > 戦評 > 平成30年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

新着情報

平成30年度春季リーグ戦 対明治大学一回戦の結果

2018年05月19日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 明治大 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 3
 慶應義塾 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1x 4

 

劇的サヨナラ勝利で優勝に王手

後半戦、迎え撃つ相手は同じく勝ち点3で並ぶ明治大学。
今カードで連勝すると、塾の2季連続となる優勝が決まる。

初回、安打や失策が絡み2点を先制されるも、その裏、先頭・小原の四球と柳町の安打で一死一、三塁とすると、四番・郡司の左翼前への適時打で1点を返す。

追加点を挙げたい打線だが、明大エース・森下の前に後続を断たれる。

先発の髙橋亮は2回以降、一人の走者も許さない完璧な投球を見せ、5回でマウンドを降りる。
今季初登板となる佐藤が継投し、強力明大打線を3人で切ってとる。

6回裏、先頭の柳町が二塁打を放つも後を断たれ、反撃には至らない。

7回表にさらに1点を追加され、2点差のまま迎えた9回裏、嶋田の四球と内田の右前安打などで無死二、三塁とすると、暴投の間に1点を返す。
なおも一、三塁の場面から瀬戸西の併殺打の間に走者が生還し、同点とする。

勢いそのままに、続く正木の四球と小原の左前安打と二死一、二塁とサヨナラの好機を作ると、打席には主将の河合。
フルカウントから放った打球は三遊間を抜け、二塁走者の橋本典が本塁へ突っ込むも、憤死。
惜しくも決着はつかず、延長戦へもつれ込む。

10回表、継投した石井が得点圏に走者を背負うも無得点に抑える。

その裏、先頭の柳町が敵失で出塁すると、続く打席はここまで2安打の郡司。
2球目、完璧に捉えた打球は左中間へ運ばれ、柳町が生還。

激しい総力戦で劇的なサヨナラ勝利を遂げ、優勝に王手をかけた。
明日も全員野球で臨み、一戦必勝で勝ち点をもぎとりたい。 

(3年・マネージャー H.M

 

 

0519明治① サヨナラ打を放った郡司

サヨナラ打を放った郡司
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【明 大】
(左) 佐野 3 0 0 1 0 0
代打 平塚 0 0 0 0 1 0
走左 渡邉涼 0 0 0 0 0 0
打左 添田 1 1 0 0 0 0
(二) 吉田 2 0 0 2 1 0
(遊) 渡辺佳 5 1 0 1 0 0
(中) 逢澤 4 0 0 1 1 0
(右) 越智 4 1 1 1 1 0
(三) 森下智 3 2 0 0 0 1
(一) 高瀬 4 1 0 1 0 0
(投) 森下暢 4 1 1 0 0 0
磯村 0 0 0 0 0 0
(捕) 西野 4 0 0 2 0 0
34 7 2 9 4 1
               
【慶 大】
(二)一 小原 4 1 0 1 1 0
(左)右 河合 5 2 0 0 0 1
(中) 柳町 5 2 0 0 0 0
(捕) 郡司 5 3 2 0 0 0
(一) 嶋田 3 0 0 3 1 0
走二 大平 0 0 0 0 0 0
(三) 内田 4 1 0 1 0 0
走左 渡部 0 0 0 0 0 0
(右) 中村 2 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
関根 0 0 0 0 0 0
代打 杉本 1 0 0 0 0 0
髙橋佑 0 0 0 0 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
田中裕 0 0 0 0 0 0
打三 田中凌 0 0 0 0 1 0
(遊) 瀬戸西 4 1 0 1 0 0
(投) 髙橋亮 1 0 0 0 0 0
打左 正木 2 0 0 0 1 0
代走 橋本典 0 0 0 0 0 0
石井 0 0 0 0 0 0
36 10 2 6 4 1

 

【明 大】 球数
森下暢 8 125 34 7 6 3 3
磯村 1 0/3 22 6 3 0 1 0
9 0/3 147 40 10 6 4 3
               
【慶 大】 球数
髙橋亮 5 72 19 3 4 1 0
佐藤 1 2/3 34 6 1 3 0 1
関根 0 1/3 10 2 1 0 0 0
髙橋佑 1 11 4 0 0 1 0
津留﨑 0 0/3 5 1 0 0 1 0
田中裕 1 19 4 1 1 0 0
石井 1 16 5 1 1 1 0
10 167 41 7 9 4 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 森下智、柳町、郡司
▽三振 明9  慶6
▽四球 明4  慶4
▽犠打 明3  慶0
▽盗塁 明1  慶3
▽失策 明1  慶1
▽併殺 明1  慶0

 

ページの先頭へ戻る