新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対明治大学二回戦の結果

2017年05月15日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 1 0 1 0 1 0 0 0 3
 明治大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

投打が噛み合い完封勝利 3季ぶりの勝ち点奪取

昨日の勢いをそのままに連勝し、優勝へ弾みをつけたい、対明大二回戦。

マウンドにはリーグ戦初先発の菊地。
初回、先頭に四球を与えるも郡司の好送球で盗塁を阻止し、無失点で切り抜ける。

試合が動いたのは2回表、先頭・郡司の打球は左翼スタンドへ。
今季3号本塁打で貴重な先制点を挙げる。

さらに4回表、一死から郡司が四球を選び、続く清水翔の中前安打で一、二塁と好機を作ると、七番・倉田の適時打で1点を追加する。

6回表には、一死から郡司が内野安打で出塁すると、清水翔が左中間への適時二塁打を放ち1点を奪う。

3点の援護をもらった菊地は、走者を背負うも粘り強い投球でスコアボードに0を並べる。

最終回、いきなり連打を浴び無死一、二塁とされるも続く打者を併殺打に打ち取り二死とする。

一安心したのも束の間、二死三塁から連続四球を与え一発逆転の窮地を迎えるも、最後を右飛に打ち取り、試合終了。
連勝で3季ぶりの勝ち点を奪取した。

投げては菊地がリーグ戦初先発にして完封勝利の快挙を成し遂げた。

弊部にとって残るカードは慶早戦のみとなったが、未だ5校に優勝の可能性がある。
大混戦を勝ち抜いた末の5季ぶりの優勝を目指し、華の慶早戦に臨みたい。

2年・マネージャー H.M) 

0515明治② リーグ戦初先発にして完封勝利の快挙を成し遂げた菊地

リーグ戦初先発にして完封勝利の快挙を成し遂げた菊地
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 天野 5 3 0 1 0 0
(三) 瀬尾 4 0 0 2 1 0
(中) 柳町 4 0 0 1 1 0
(左) 岩見 4 0 0 2 0 0
中村 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 2 1 0 1 0
(一) 清水翔 4 2 1 0 0 0
(二) 倉田 4 1 1 0 0 0
(遊) 照屋 3 1 0 0 1 0
(投) 菊地 3 0 0 1 0 0
34 9 3 7 4 0
               
【明 大】
(遊) 竹村 3 0 0 0 1 0
(左) 添田 1 0 0 0 0 0
代左 佐野 2 1 0 0 0 0
齊藤 0 0 0 0 0 0
代打 中野 1 1 0 0 0 0
(中) 逢澤 4 1 0 0 0 0
(右) 越智 4 0 0 0 0 0
(二) 宮﨑 2 1 0 0 2 0
(一) 平塚 2 0 0 1 0 0
代打 河野 1 0 0 1 0 0
太田 0 0 0 0 0 0
代打 吉田 0 0 0 0 1 0
(三) 渡辺 3 0 0 0 1 0
(捕) 西野 2 0 0 2 0 0
清水風 0 0 0 0 0 0
代左 村上 1 1 0 0 0 0
(投) 森下暢 2 1 0 0 0 0
渡邉 1 0 0 1 0 0
氷見 0 0 0 0 0 0
29 6 0 5 5 0

 

【慶 大】 球数
菊地 9 118 34 6 5 5 0
9 118 34 6 5 5 0
               
【明 大】 球数
森下暢 6 1/3 104 27 7 4 2 3
齊藤 2 2/3 44 12 2 3 2 0
9 148 39 9 7 4 3

 

▽本塁打 郡司
▽三塁打 
▽二塁打 清水翔
▽三振 慶7  明5
▽四球 慶4  明5
▽犠打 慶1  明0
▽盗塁 慶1  明1
▽失策 慶0  明0
▽併殺 慶3  明1

 

ページの先頭へ戻る