新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対立教大学一回戦の結果

2017年04月22日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 立教大 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2
 慶應義塾 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2

(連盟規定により9回引き分け) 


中盤に追いつくも、再三の好機生かせず引き分け

いまだ寒さが残る曇り空の中、迎えた対立大一回戦。

慶大の先発は対東大一回戦で初白星を挙げたルーキーの関根。
初回、安打と犠打で一死一、三塁の窮地を招くと相手の四番打者に適時打を浴び、先制を許す。

3回表にも、先頭に三塁打を放たれると併殺打の間に1点を追加され、追いかける展開が続く。

相手先発投手の好投の前に4回まで抑え込まれていた打撃陣だったが、5回裏、ついに反撃の狼煙を上げる。先頭の郡司が中前安打で出塁すると、倉田と天野の適時打で2点を返し、試合を振り出しに戻す。

6回からマウンドを任されたのは髙橋亮。

速球と変化球を巧みに操り相手打者を翻弄、安打一つ許さない圧巻の投球を見せる。

好投に応えたい打線は8回裏、一死から瀬尾と柳町の安打で一、三塁とするも後が続かない。

迎えた9回裏、清水翔と倉田の連打などで一死満塁とし一打サヨナラの場面を迎える。しかし新進気鋭の1年生投手の直球に手が出ず、連続三振に倒れた。

プロ併用日の為、連盟規定により9回が最終回となり試合終了。終盤に再三好機を作るもあと一本が出ず、初戦は痛み分けとなった。

悔しさが残る一戦となったが、投手陣の踏ん張りは必ず明日以降に生きてくるだろう。

(3年・マネージャー K.Y) 
 

4回被安打0と圧巻の投球を見せた髙橋亮
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【立 大】
(中) 寺山 5 1 0 0 0 0
(遊) 熊谷 3 2 0 0 0 0
(右) 松﨑 2 1 0 0 2 0
(三) 笠松 3 1 1 0 1 0
(一) 飯迫 4 0 0 1 0 0
(左) 山根 3 0 0 1 0 0
代打 田中健 1 0 0 1 0 0
小野 0 0 0 0 0 0
(捕) 藤野 4 0 0 3 0 0
(二) 笠井 4 2 0 2 0 1
(投) 田中誠 3 0 0 0 0 0
代打 小松 0 0 0 0 1 0
代走 井上 0 0 0 0 0 0
中川 0 0 0 0 0 0
32 7 1 8 4 1
               
【慶 大】
(右) 天野 5 1 1 2 0 0
(三) 瀬尾 3 1 0 0 1 0
代打 杉本 1 0 0 1 0 0
(中) 柳町 3 1 0 1 1 0
(左) 岩見 4 0 0 2 0 0
走左 中村 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 4 1 0 0 0 0
(一) 清水翔 3 1 0 0 0 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
(二) 倉田 4 2 1 0 0 0
代走 瀬戸西 0 0 0 0 0 0
(遊) 照屋 3 1 0 2 1 0
(投) 関根 1 0 0 0 0 0
土井 0 0 0 0 0 0
代打 嶋田 1 0 0 1 0 0
髙橋亮 1 0 0 0 0 0
代打 植田清 1 1 0 0 0 0
代走 小原和 0 0 0 0 0 0
34 9 2 9 3 0

 

【立 大】 球数
田中誠 8 133 32 6 6 3 2
中川 1 23 6 3 3 0 0
 9 156 38 9 9 3 2
               
【慶 大】 球数
関根 4 62 18 6 1 1 2
土井 1 26 6 1 2 2 0
髙橋亮 4 48 13 0 5 1 0
 9 136 37 7 8 4 2

 

▽本塁打 
▽三塁打 熊谷
▽二塁打 笠井、倉田
▽三振 立8  慶9
▽四球 立4  慶3
▽犠打 立1  慶1
▽盗塁 立2  慶0
▽失策 立1  慶0
▽併殺 立0  慶1 

 

ページの先頭へ戻る