新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度秋季新人戦準決勝 対早稲田大学戦の結果

新着情報

平成28年度秋季新人戦準決勝 対早稲田大学戦の結果

2016年11月02日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 早稲田大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 慶應義塾 1 1 1 0 0 1 0 0 x 4

 

またも早慶戦で勝利、決勝に駒を進める

雨もちらつき肌寒い中で迎えた準決勝・対早大戦。
塾野球部はシードで準決勝からの出場であり、相手は宿敵・早稲田大学。
リーグ戦最終戦から2日ぶりの早慶戦に臨むこととなった。

初回、四球や安打などで一死一、三塁といきなり窮地を迎えると、捕逸で先制を許す。

しかしその裏、先頭の小原和が四球を選び、続く大川が犠打で走者を得点圏に進めると、新人戦主将の四番・吉田将が右翼へ適時打を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻す。

2回裏には一死から宮田の大学初本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功する。

さらに3回裏、敵失やボークで得点圏に進むと、吉田将の二打席連続となる適時打で1点を追加する。

6回裏にも二死一、三塁から大川が適時打を放ち、点差を広げる。

7回表、四球と安打で二死満塁の場面を迎えるも、6回から登板した岡野が要所を締める投球を見せ、無失点で切り抜ける。

その後も1年生投手の継投で最後までリードを守り切り4-1で勝利した。

この勝利は、相手のミスを逃さずチャンスに変え貪欲に得点を積み重ねる、勝利への執着心が生み出した結果だろう。

昨季惜しくも果たせなかった優勝を成し遂げ笑顔でシーズンを締めくくれるよう、明日の決勝戦でもチーム一丸となり全力で戦っていきたい。

(1年・マネージャー H.M)
 

2打席連続の適時打を放ち、勝利に大きく貢献した吉田将
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【早 大】
(一) 富田 1 0 0 1 3 0
(二) 福岡 4 1 0 1 0 0
(三) 池田 3 1 0 0 0 1
山岡 1 0 0 0 0 1
(捕) 岸本 2 0 0 1 0 0
小藤 1 0 0 1 1 0
(右) 小太刀 4 0 0 2 0 0
(中) 山田 3 0 0 0 1 0
(遊) 西岡 4 2 0 1 0 0
(左) 黒岩駿 2 0 0 0 0 0
山野 1 0 0 1 0 0
代打 岩浪 1 0 0 1 0 0
(投) 川上 1 0 0 0 0 0
熊切 1 0 0 0 0 0
代打 三木 0 0 0 0 1 0
代走 宮崎剛 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
29 4 0 9 6 2
               
【慶 大】
(二) 小原和 3 0 0 0 2 0
(左) 大川 2 1 1 0 1 0
杉本 0 0 0 0 0 0
(右) 植田清 2 0 0 0 0 0
代打 安藤 1 0 0 1 0 0
名幸 0 0 0 0 1 0
小野 0 0 0 0 0 0
(一) 吉田将 4 3 2 0 0 0
(中) 中村 3 1 0 1 0 0
(三) 内田 3 0 0 0 1 0
(遊) 宮田 4 1 1 1 0 0
(捕) 植田将 3 0 0 3 0 0
代打 河合 1 0 0 0 0 0
小田 0 0 0 0 0 0
(投) 土井 2 0 0 2 0 0
岡野 1 0 0 0 0 0
石井雄 1 0 0 0 0 0
30 6 4 8 5 0

 

【早 大】 球数
川上 2 0/3 38 11 2 3 2 2
熊切 4 79 20 4 4 3 0
2 16 6 0 1 0 0
8 133 37 6 8 5 2
               
【慶 大】 球数
土井 5 87 18 2 2 2 0
岡野 2 46 10 1 4 3 0
石井雄 2 34 7 1 3 1 0
9 167 35 4 9 6 0

 

▽本塁打 宮田
▽三塁打 
▽二塁打 西岡
▽三振 早9  慶8
▽四球 早6  慶5
▽犠打 早0  慶2
▽盗塁 早1  慶0
▽失策 早2  慶0
▽併殺 早0  慶0

 

ページの先頭へ戻る