新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

平成28年度秋季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2016年10月08日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 1 1 1 1 0 0 0 0 4
 法政大 0 0 0 0 0 3 0 1 1x 5

 

終盤粘れず、サヨナラ負け 優勝へ崖っぷち

優勝争いに残るべく先勝し勢いをつけたい対法大一回戦。

雨天の影響で試合は一時間遅れの開始となった。

2回表、先頭の山本瑛が中前安打を放ち、その後犠打などで二死三塁とすると、倉田の内野安打で幸先良く1点を先制する。

3回には、柳町の左前安打で1点を追加し、続く4回には、先頭の山口がバックスクリーンへ今季第2号の本塁打を放ち、点差を広げる。

5回にも遊ゴロの間に追加点を挙げ、このまま危なげなく勝利するかのように思われた。

しかし6回裏、それまで相手打線を1安打に抑えていた不動のエース・加藤拓が、味方の失策や2点本塁打で一気に点差を縮められる。

8回裏、先頭に二塁打を放たれると、またもや失策が絡み、ついに同点に追いつかれる。

勝ち越せないまま迎えた9回裏、安打と犠打で一死二塁の窮地を招くも、続く打者を3球三振に仕留め延長戦まであと一人とする。ところが、次の打者がレフトへ強い打球を放ち、主将・重田が飛び込むも届かず、まさかのサヨナラ負けを喫した。

一時は4点差をつけ試合を優位に進めるも、要所での失策が響き、優勝へ崖っぷちに立たされた。

(1年・マネージャー G.R)
 

呆然と打球を見送る重田

呆然と打球を見送る重田
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 沓掛 3 1 0 0 1 0
内田 1 0 0 0 0 0
(左) 河合 1 0 0 1 1 1
代打 天野 1 0 0 0 0 0
重田 0 0 0 0 0 0
(中) 柳町 4 1 1 1 0 0
(一) 山本瑛 4 1 1 0 0 0
清水翔 0 0 0 0 0 0
(右) 山口 3 1 1 0 0 0
(捕) 郡司 4 1 0 0 0 1
(二) 倉田 3 2 1 0 0 1
(投) 加藤拓 4 2 0 2 0 0
(遊) 照屋 4 0 0 1 0 0
32 9 4 5 2 3
               
【法 大】
(右) 小林 3 0 0 1 1 0
(二) 相馬優 5 0 0 1 0 0
(一) 柴田 5 2 1 1 0 0
(三) 金子凌 3 1 0 1 1 0
(遊) 大崎 2 0 0 2 0 0
川口 1 1 0 0 0 0
(左) 中山 3 1 3 0 0 0
走左 清水二 0 0 0 0 0 0
(捕) 伊藤士 4 0 0 4 0 0
(投) 菅野 1 0 0 1 0 0
代打 俵積田 1 1 0 0 0 0
内沢 0 0 0 0 0 0
代打 船曳 1 0 0 1 0 0
三浦 0 0 0 0 0 0
代打 米田 1 0 0 1 0 0
熊谷 0 0 0 0 0 0
(中) 大西千 3 2 0 0 1 0
33 8 4 13 3 0

 

【慶 大】 球数
加藤拓 8 2/3 127 39 8 13 3 4
8 2/3 127 39 8 13 3 4
               
【法 大】 球数
菅野 5 79 23 6 3 1 4
内沢 1 20 4 1 1 0 0
三浦 2 36 9 2 0 1 0
熊谷 1 10 3 0 1 0 0
9 145 39 9 5 2 4

 

▽本塁打 山口、中山
▽三塁打 
▽二塁打 金子凌
▽三振 慶5  法13
▽四球 慶2  法3
▽犠打 慶5  法3
▽盗塁 慶0  法2
▽失策 慶3  法0
▽併殺 慶0  法0

 

ページの先頭へ戻る