倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2022年春号(学生コーチ抱負)

倶楽部報(2022年春号)

学生コーチ抱負

学生コーチ 五十嵐 孝起(環境情報学部4年 慶應湘南藤沢高)

2022年04月08日

学生コーチ 五十嵐 孝起

学生スタッフを務めております、4年の五十嵐孝起と申します。今回の白波リーグ遠征を含め、三田倶楽部の皆様には平素より多大なる御支援を賜り、心より御礼申し上げます。

2022年は、コロナ禍の影響で暗雲が立ち込める幕開けとなりました。練習再開の目処が立たない日々が続き、下田グラウンドに集まれたのは当初の予定より1ヶ月近く遅れた2月8日でした。また、練習再開後もチームを大きく2つのカテゴリーに分け、練習場所や練習時間をずらしての活動となりました。そこで、この環境でチームとして成長していくために「練習レポート」というものを始めました。毎日カテゴリーごとに1名ずつが、その日の練習内容、雰囲気、課題、加えてチームへの想い等を書き記し全体に共有しました。このような取り組みで、共に練習ができない中でも互いの事を意識し、高め合いチームとして成長を目指しました。

そして、2月19日からは、鹿児島と日吉の2拠点に別れての活動となりました。白波リーグ遠征では、毎朝6:00に朝食を食べ、8:00から16:00まで練習、夜はミーティングと、本当に野球漬けの日々を送らせていただきました。また、鹿児島では6試合、関西では2試合の計8試合を行い、その中で非常に多くの課題を見つけることができました。3月に入り、日吉に戻ってきてからは多くのオープン戦を行ない、リーグ戦を見据え更なる成長を目指しております。

さて、ここで今年のチームの軸となっているスローガンを改めて紹介したいと思います。
「挑越~do the right thing~」、日々の生活から正しいこと、善いことを積み重ね、挑戦者としての気持ちを忘れずに自分達の限界を超え、昨年のチームを超える。そんな思いが込められています。リーグ戦優勝を目指して取り組んで参ります。

今後とも御支援と御声援のほど宜しくお願い申し上げます。

主将としてチームを引っ張る下山悠介
主将としてチームを引っ張る下山悠介

エースとして期待がかかる副将・増居翔太
エースとして期待がかかる副将・増居翔太

白波リーグで本塁打を含む活躍を見せた古川智也
白波リーグで本塁打を含む活躍を見せた古川智也

白波リーグに遠征して参加した選手たち
白波リーグに遠征して参加した選手たち

ページの先頭へ戻る