倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2022年春号(三田倶楽部員奮闘記「アフリカ野球 その情熱の源泉」)

倶楽部報(2022年春号)

三田倶楽部と都市対抗優勝

東京ガス硬式野球部監督 山口 太輔(平成12年卒 時習館高)

2022年04月08日

東京ガス硬式野球部監督 山口 太

創部94年目の初優勝。私が監督として4年目を迎える東京ガスは昨年12月に開催された第92回都市対抗野球大会で悲願を達成しました。この優勝は三田倶楽部の先輩方の教えによるものです。本当に感謝申し上げます。

私は塾野球部時代、後藤寿彦監督(現三田倶楽部会長)に信じられない成長をさせて頂きました。愛知県立時習館高校出身。実力も何もかも未知数の私に猛練習を課してくれて1年秋のリーグ戦でスタメンに大抜擢。4年間で多少打ったかもしれませんが、大事な場面での三振、またエラーも沢山しました。それでも我慢強く起用してくれたことで、今の私があります。

監督に就任した2018年には都市対抗出場を果たしますが、19年、20年は予選で敗退。壁を破れない時期が続きましたが、不退転の決意で臨んだ昨年からは三田倶楽部の先輩、布施努スポーツ心理学博士に協力して頂きました。また、都市対抗で近年優勝された三田倶楽部の先輩方を訪ねて回り、取り組み等を教えて頂いたことが私の力になりました。

なお、過去15年の都市対抗での塾野球部出身監督の優勝は8回、勝率5割以上です。2007年の印出順彦監督(東芝)を皮切りに、大久保秀昭監督(ENEOS)、堀井哲也監督(JR東日本、現・慶大監督)、橋口博一監督(大阪ガス)と私です。今年も三田俱楽部員が所属するチームが優勝することを祈念します。

山口監督胴上げ写真
山口監督胴上げ写真

ページの先頭へ戻る