バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 2021年春季リーグ戦優勝特別号 > 2021年春季リーグ戦優勝特別号(V戦士喜びの声)

倶楽部報(2021年春季リーグ戦優勝特別号)

V戦士喜びの声

2021年06月08日

福井 章吾(環境情報学部4年 捕手)
沢山のご声援が大きな力となり、優勝に繋がったと思います。チームスローガンである「繋勝」を掲げ、投手、野手共に想いを繋いだ戦いが出来たと思います。
秋春連覇を果たします。応援宜しくお願い致します。

上田 寛太(商学部4年 内野手)
今季の優勝は、全部員が各々の役割を全うし、まさに「適材適所」の活躍ができる組織力によるものと思っています。真の勝てる組織であるために、今後も緩めることなく精進し続けます。

正木 智也(法学部4年 内野手)
今回の優勝は沢山の人の支えがあったからこそ掴み取れたものです。全日本選手権では、リーグ戦同様、野球部全員で繋ぎ、いつも応援してくださっている皆様の思いを背負って戦います。応援宜しくお願いします。

長谷川 聡太(経済学部4年 投手)
コロナ禍の中、六大学野球という最高の舞台で優勝できたことを幸せに感じています。今野球が出来ることに感謝し、チーム一丸となって日本一を目指して参ります。

森田 晃介(商学部4年 投手)
今年は「木鶏会」「イマージェリー」「気功」の3本柱でチーム力を築き上げ、優勝することができました。全日本選手権もチーム全員で頂点を掴めるよう頑張ります。

中澤 慎太郎(商学部4年 捕手)
日頃より塾野球部の応援をありがとうございます。「応援が力になる」という言葉を身に沁みた春季リーグ戦でした。我々選手一同、全日本選手権と秋季リーグ戦優勝に向けて精進致します。今後とも宜しくお願い致します。

綿引 達也(商学部4年 内野手)
コロナ禍の中、皆様のご支援があり、無事にリーグ戦を終えることができました。感謝の気持ちを力に変えて、『KEIO日本一』を目指し頑張ります。

新美 貫太(法学部4年 外野手)
慶應の強みはまさに「繋いで勝つ」に尽きると思います。やっとの思いで優勝出来ましたが、日本一になる、早稲田に勝つという強い思いでまだまだ挑戦します。

橋本 典之(環境情報学部4年 外野手)
コロナ禍ではありますが、沢山の応援に来ていただきありがとうございます。ラストイヤーで優勝できてとても嬉しいです。秋も優勝できるよう頑張りますので、応援のほどよろしくお願い致します。

若林 将平(環境情報学部4年 外野手)
皆様の温かいご声援本当にありがとうございました。今年のチームスローガンは「繋勝」とし、選手だけではなく慶應野球部関係者の方々とも団結できたことで結果に繋がったと思っています。引き続きこの結束力で一緒に戦いましょう!

渡部 遼人(環境情報学部4年 外野手)
優勝する事が出来たのはサポートをしてくれた仲間、多くの声援を送って下さったスタンドの皆さんのおかげです。全日本選手権では、六大学の代表として圧倒できるよう頑張りたいと思います。

米倉 孝太郎(法学部4年 学生スタッフ)
優勝という形で終われたことは大変嬉しく思っておりますが、早稲田に負けた悔しさも同じくらい強いです。早稲田への借りは秋季リーグ戦で返します。

森野 壮眞(商学部4年 学生スタッフ)
「木鶏会」や「TEAMMATES活動」を通じて人間力を築き、社会貢献もしてきました。このチームカラーを存分に披露できたシーズンでした。秋も多くのファンを魅了する組織へ成長します。

生井 惇己(総合政策学部3年 投手)
コロナ禍の中、沢山のご声援ありがとうございました。日本一のために精一杯頑張りますので、応援宜しくお願い致します。

橋本 達弥(環境情報学部3年 投手)
春季リーグ優勝だけでなく、日本一の報告ができるよう頑張ります。たくさんのご声援ありがとうございました。

増居 翔太(総合政策学部3年 投手)
コロナ禍の中、たくさんのご声援ありがとうございました。リーグ戦優勝を果たすことができ、とても嬉しく思います。全日本、そして秋季リーグ戦に向けて、頑張っていきたいと思います。

渡部 淳一(法学部3年 投手)
皆様のご支援、ご声援おかげにより春のリーグ戦を優勝することができました。感謝の意を日本一、春秋連覇という結果でさらに還元できるようこれからも精進して参ります。

北村 謙介(総合政策学部3年 捕手)
リーグ戦優勝出来たこと、素直に嬉しく思います。沢山のご声援有り難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

朝日 晴人(環境情報学部3年 内野手)
たくさんのご声援、ありがとうございました。最高の仲間と優勝を経験できたことはとてもうれしく思います。まだまだ強いチームであり続けるために、これからも日々精進して参ります。応援よろしくお願いします。

奥村 拓馬(商学部3年 内野手)
沢山の応援ありがとうございました。リーグ戦優勝ができてとても嬉しいです。全日本選手権でも優勝できるように頑張りたいと思います。

下山 悠介(商学部3年 内野手)
今季も沢山の応援をありがとうございました。チーム全員で優勝を掴むことができ、大変嬉しく思います。全日本選手権、秋季リーグ戦に向けてまだまだ成長します。

古川 智也(環境情報学部3年 内野手)
コロナ禍でも沢山の応援ありがとうございました。リーグ戦優勝できて嬉しいです。次は、日本一に向けて頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします。

宮尾 将(商学部3年 内野手)
コロナ禍という大変な状況でのご声援、ありがとうございました。チーム全員で優勝出来たこと大変嬉しく思います。六大学の代表として、全日本選手権で優勝します。

萩尾 匡也(環境情報学部3年 外野手)
素晴らしい4年生と野球ができ、そして優勝できて本当に感謝しかありません。秋こそは早稲田に2連勝して春秋連覇します。

廣瀬 隆太(商学部2年 内野手)
コロナ禍ではありましたが、沢山の応援ありがとうございました。このような社会情勢の中で試合が出来ることに感謝し、これからも全力プレーで日本一になれるよう頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いします。


天皇杯を手にしたV戦士たちの写真
天皇杯を手にしたV戦士たち

ページの先頭へ戻る