倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2017年春号(春季シーズンに向けて)

倶楽部報(2017年春号)

春季シーズンに向けて

野球部監督 大久保 秀昭(平成4年卒 桐蔭学園高)

2017年04月13日

野球部監督 大久保 秀昭

三田倶楽部員の皆様には毎年の御支援、御声援に感謝申し上げます。

昨年はアメリカ遠征に始まり、春は4位、秋は2位という成績に終わりました。

明治に勝たなければ優勝は無いという強い気持ちで挑みましたが、春秋共に勝ち点を落とし、明治が連覇する悔しい結果になりました。そんな中で、加藤がノーヒットノーランを達成し、山本が首位打者を獲得する活躍をしました。最後は重田前主将のもと早稲田に勝つ事ができ、1年かけてチームが一つになり成長した実感はありました。しかし、それでは遅く間に合わないのも事実です。その部分の反省もふまえて、今年のチームは特に個の部分でなく、チーム力で戦う事をテーマに取り組んでいます。主将は照屋が務めます。1年生から神宮経験もありますので、ゲームでもチームを牽引してくれると期待しております。

今年のチームについてですが、野手は照屋、倉田、岩見、柳町、郡司、昨秋のレギュラーに清水、明渡、天野、河合、小原(徳)、小原(和)ら試合経験している選手はいますので、近年よりホームランは減るかもしれませんが、得点力はさほど変わらないと考えています。逆に投手は、神宮での勝利経験者は清水(洋)と菊地の2勝という現実ですが、林助監督の指導の下で急成長している選手もいますので手応えを感じています。そこに新入生の関根、大西、佐藤と期待感のもてる3人が実力を発揮する事が出来るなら優勝も見えてきます。逆に経験不足という部分がでてしまう状況だと、最下位もあるという緊張感も当然持っています。

いよいよシーズンが始まりますが、1年間応援宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る