バックナンバー

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2015年秋号 > 2015年秋号(竹内秀夫君を偲ぶ(後藤 寿彦))

倶楽部報(2015年秋号)

竹内秀夫君を偲ぶ

三田倶楽部会長 後藤 寿彦

2015年09月09日

親子で本塁打

竹内前監督との出会いは大学時代に遡る。

1年違いで三重の松阪から入部した彼と岐阜出身の私が仲良くなるには時間がかからなかった。彼の柔和で明るい性格は多くの部員の人望を集めたが、勝負がかかった時の激しさ、芯の強さは塾卒業後に明治生命野球部で大いに立証された。都市対抗野球東京予選で初出場がかかったゲーム。エースの君が延長戦で満塁本塁打を撃ち見事栄冠を勝ち取った時は我が事のように嬉しかった。

昨年、塾監督就任と同時に病気療養生活を余儀なくされたが、その春の優勝のかかった早慶戦で塾野球部4年生になった、ご長男惇君が優勝を決めた逆転ホームランを放った時は涙が止まらなかった。当に親子で打った本塁打だった。早すぎるご逝去に対し心からご冥福をお祈りいたします。合掌。

ページの先頭へ戻る