新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

新着情報

平成28年度秋季リーグ戦 対東京大学二回戦の結果

2016年09月18日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 慶應義塾 0 1 0 1 0 3 0 0 4 9
 東京大 3 0 1 0 0 0 0 2 0 6

 

逆転に次ぐ逆転。総力戦で掴んだ勝ち点1

雨が降りしきる中で迎えた対東大二回戦。

1回裏、リーグ戦初登板にして初先発の岡野が犠飛や連続適時打で3点を先制される。

2回表、敵失の間に1点を返すも、3回裏、継投した髙橋亮の暴投で1点を追加される。

しかし4回表、山口のソロ本塁打で点差を縮めると、さらに6回表、無死満塁から内田の適時打などで3点を追加し逆転に成功。

その後6・7回は、菊地が要所を締める投球でリードを守る。

8回裏、大歓声の中マウンドに上がったのは、一回戦でノーヒットノーランを達成した加藤拓。
しかし味方の失策でリズムを崩すと犠飛や適時打を浴び、まさかの逆転を許す。

後がない塾野球部打線は最終回、先頭の主将・重田が執念の二塁打を放ち反撃の狼煙を上げると、郡司と清水翔の適時打などで一挙4点を奪い、再び逆転。
その裏は、本来の調子を取り戻した加藤拓が相手打線を3人で抑え試合終了。

土壇場で主将が見せた意地の一打で流れを引き寄せ、開幕カードで勝ち点を奪取した。

岡野・髙橋亮・菊地という3人の下級生投手がリーグ戦初登板を果たした。
今後も彼ら新戦力の成長とラストシーズンに懸ける4年生の活躍に期待がかかる。

(3年・マネージャー H.K) 
 

逆転勝利を引き寄せる二塁打を放った主将の重田

逆転勝利を引き寄せる二塁打を放った主将の重田
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(三) 沓掛 4 1 0 0 2 0
(右)左中 河合 5 0 0 2 0 0
(中) 柳町 4 0 0 1 1 0
加藤拓 1 0 0 0 0 0
(一) 山本瑛 2 1 0 0 2 0
重田 1 1 0 0 0 0
(左) 岩見 1 0 0 0 0 0
走右 山口 3 3 1 0 1 0
(捕) 郡司 4 3 1 0 0 0
(二) 倉田 0 0 0 0 1 0
代打 明渡 0 0 0 0 0 0
代打 天野 0 0 1 0 1 0
代走 瀬尾 0 0 0 0 0 0
川崎 1 0 0 1 0 1
(遊) 照屋 5 0 1 2 0 0
(投) 岡野 0 0 0 0 0 0
代打 木村健 1 1 0 0 0 0
髙橋亮 1 0 0 0 0 0
代打 内田 1 1 1 0 0 0
菊地 0 0 0 0 0 0
打一 清水翔 2 1 2 0 0 0
36 12 7 6 8 1
               
【東 大】
(中) 下雅意 4 1 0 0 0 0
宇佐美 0 0 0 0 0 0
代打 宮台 1 0 0 0 0 0
(二) 桐生 4 1 0 1 1 0
(遊) 山田 3 1 0 1 0 1
(一) 田口 3 1 1 1 0 0
廣納 0 0 0 0 0 0
(三) 山本克 3 2 1 1 0 0
(左) 楠田 2 1 2 0 1 0
田中 0 0 0 0 0 0
(捕) 喜入 4 2 1 0 0 0
(投) 小林 2 1 0 0 0 1
三木 0 0 0 0 0 0
山本俊 1 0 0 0 0 0
柴田 1 0 0 1 0 0
(右) 山本修 2 0 0 1 0 0
打右 平野 2 1 0 1 0 0
32 11 5 7 2 2

 

【慶 大】 球数
岡野 2 42 10 4 2 0 3
髙橋亮 3 41 12 3 2 2 1
菊地 2 27 7 2 1 0 0
加藤拓 2 26 9 2 2 0 0
9 136 38 11 7 2 4
               
【東 大】 球数
小林 5 0/3 95 24 5 2 5 4
三木 0 1/3 17 4 1 0 2 0
山本俊 0 2/3 16 4 1 2 1 0
柴田 3 52 16 5 2 0 4
9 180 48 12 6 8 8

 

▽本塁打 山口          
▽三塁打           
▽二塁打 木村健、重田、清水翔、山本克、桐生
▽三振 慶6  東7          
▽四球 慶8  東2          
▽犠打 慶4  東4          
▽盗塁 慶0  東2          
▽失策 慶1  東2          
▽併殺 慶2  東1          

 

ページの先頭へ戻る