新着情報

ホーム > 戦評 > 平成28年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

平成28年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2016年04月09日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 法政大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
 慶應義塾 1 0 0 6 0 2 2 0 x 11

 

投打で相手を圧倒し、幸先良く先勝

春風が心地良く吹く中で迎えた開幕戦。

迎え撃つ相手は昨春、開幕カードで2連敗を喫した法政大学。

先制点を挙げ試合を有利に進めたい塾野球部は初回、二死から沓掛と山口の連打で好機を作ると、岩見が中前安打を放ち1点を先制する。

開幕のマウンドを託されたのは加藤拓。3回・4回ともに先頭打者に安打を許すも、照屋の好守備などで後続を抑え、流れを相手に渡さない。

すると続く4回裏、先頭の岩見が安打で出塁すると相手の隙をつきリーグ戦初盗塁を決める。これには球場全体がどよめき、一気に流れを呼び込んだ。加藤拓が自らを助ける適時二塁打を放つなどこの回7安打6 得点、打者一巡の猛攻で相手を突き放す。

さらに、この日の慶應打線は止まることを知らなかった。6回裏に、1年生ながら開幕スタメンの座を勝ち取った柳町が2点本塁打を放ち華々しいデビューを飾ると、7回裏には沓掛も2点本塁打を放ち、試合を決定づけた。

8回表に1点を返されるも、最終回は原田がきっちりと締めた。

昨年の打線の軸が抜け攻撃面が心配されたが、杞憂にすぎなかった。大量リードした中でも、随所に隙のないプレーが光る開幕戦となった。

(2年・マネージャー K.Y)

投打に活躍した加藤拓
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【法 大】
(中) 大西千 4 1 0 1 0 0
(遊) 水谷 3 0 0 2 1 0
(三)二 川口 4 0 0 1 0 0
(一) 柴田 3 0 0 2 1 1
(二) 福田光 2 0 0 1 0 1
金子凌 2 0 0 0 0 0
(左) 原田 3 0 0 2 0 0
清水二 0 0 0 0 0 0
(右) 小林 2 2 0 0 1 0
(捕) 中村浩 2 0 0 0 0 0
谷川 0 0 0 0 0 0
新井諒 0 0 0 0 0 0
代打 米田 1 0 0 1 0 0
上條 0 0 0 0 0 0
(投) 熊谷 1 0 0 1 0 0
森脇 0 0 0 0 0 0
森川 1 1 1 0 1 0
28 4 1 11 4 2
               
【慶 大】
(二) 倉田 5 1 1 2 1 0
(遊) 照屋 5 1 1 1 0 0
(三) 沓掛 5 2 2 0 0 0
(右) 山口 5 3 2 2 0 0
(左) 岩見 4 3 1 1 0 0
清水翔 1 1 0 0 0 0
(一) 山本瑛 2 1 0 1 2 0
重田 1 0 0 0 0 0
(中) 柳町 5 2 3 1 0 0
(捕) 須藤 5 0 0 1 0 0
(投) 加藤拓 2 1 1 1 2 0
代打 明渡 1 1 0 0 0 0
代走 小原徳 0 0 0 0 0 0
原田 0 0 0 0 0 0
41 16 11 10 5 0

 

【法 大】 球数
熊谷 3 1/3 74 20 8 3 1 4
森脇 0 2/3 15 5 3 0 0 0
谷川 2 49 10 1 3 3 2
新井諒 1 23 7 3 1 1 2
上條 1 15 4 1 3 0 0
8 176 46 16 10 5 8
               
【慶 大】 球数
加藤拓 8 107 28 4 10 3 1
原田 1 16 4 0 1 1 0
9 123 32 4 11 4 1

 

▽本塁打 柳町、沓掛
▽三塁打 
▽二塁打 加藤拓
▽三振 法11  慶10
▽四球 法4  慶5
▽犠打 法0  慶0
▽盗塁 法3  慶1
▽失策 法2  慶0
▽併殺 法0  慶3

 

ページの先頭へ戻る