新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年秋季フレッシュトーナメント 明治大学戦の結果

新着情報

令和三年秋季フレッシュトーナメント 明治大学戦の結果

2021年11月04日

  1 2 3 4 5 6 7
 明治大 0 1 0 2 0 0 0 3
 慶應義塾 0 0 0 0 3 0 0 3

※フレッシュトーナメント規定により7回打ち切り

終盤に追い上げを見せるも、同点のまま試合終了

白星をつかみ、明治神宮野球大会へ良い流れを作りたい対明大戦。

大事な順位決定戦の先発を託されたのは森下。2回表、先頭打者に内野安打で出塁を許すなど二死二塁とされ、得点圏に走者を背負う。先制点を与えたくない場面で、続く打者が放った打球に右翼手が飛びつくが、惜しくも捕球することができず、適時三塁打となり、1点を先制される。

反撃したい打線は3回裏、一死から関が左中間への二塁打を放つも、後続が続かず、得点をすることができないまま序盤を終える。

4回表、先頭に内野安打を許すなどで無死満塁の窮地を招くと、適時打と内野ゴロの間に2点を追加される。なおも二死一、三塁から鋭い当たりがライトに飛ぶも、関の好守で追加点を与えない。

これ以上得点を与えたくない投手陣は、5回からマウンドに上がった浮橋が連続四球などで二死一、二塁とされるも、後を空振り三振に打ち取り、攻撃に良い流れを作る。

直後の5回裏、先頭・古野が3試合連続となる安打で出塁するなど、無死一、三塁とすると、内野ゴロの間に1点を返す。さらに中前安打や捕逸などで二死二、三塁の好機を作ると、バッターボックスには斎藤快。レフトに放った当たりに相手の失策が絡み、二塁走者も本塁に生還し、同点に追いつく。

フレッシュトーナメント規定により、2時間を超えると新たなイニングに入らない今大会。7回表が終了した時点で試合時間が2時間を超えたため、この回で勝敗が決定することとなった。

最後に勝ち越したい塾打線だったが、遊ゴロ、空振り三振、ニゴロと三者凡退に打ち取られ逆転には至らず、3-3で引き分けた。

同点のまま試合は終了したものの、令和3年度春季フレッシュトーナメントの順位が上のチームを上位とするフレッシュトーナメント規定により、塾野球部は3位となった。

序盤に得点を許すも、リーグ戦同様終盤に追いつき、「負けない野球」を体現したが、この悔しさをバネに明治神宮野球大会、ならびにリーグ戦での活躍を目指し、部員一同一丸となって戦っていきたい。

(1年・マネージャー   K.H)

 

同点の適時打を放った斎藤快

 

【明 大】
(二)遊 堀内 3 1 0 0 1 0
(遊) 野波 3 0 0 0 0 0
代打 斉藤 1 0 0 0 0 0
横山 0 0 0 0 0 0
(左)右 西川 3 0 0 1 1 1
(一)左 杉崎 2 1 0 1 2 0
(三) 久島 2 1 0 0 2 0
(右) 水谷 1 0 0 1 0 0
代打 中谷 1 0 0 0 0 0
大櫃 0 0 0 0 0 0
(指) 髙竿 1 0 0 1 0 0
代指 山口 1 1 1 0 0 0
代指 渡邊麟 1 0 0 1 0 0
(捕) 菅原 3 1 2 0 0 1
走二 山本 0 0 0 0 0 0
(中) 山内 3 0 0 2 0 0
25 5 3 7 6 2
               
【慶 大】
(左) 橋本駿 2 0 0 2 0 0
代打 村上 1 0 0 0 0 0
小林遼 0 0 0 0 0 0
(遊) 斎藤快 3 1 2 1 0 0
(三) 水鳥 3 1 0 0 0 1
(一) 清原 3 0 0 2 0 0
(捕) 宮崎 2 0 0 0 0 0
代打 吉田 0 0 0 0 1 0
善波 0 0 0 0 0 0
(指) 古野 3 1 0 0 0 0
(二) 小川尚 2 0 0 0 1 0
(右) 3 1 1 1 0 0
(中) 吉川 2 1 0 0 0 0
代打 栗林 1 0 0 0 0 0
25 5 3 6 2 1

 

 

【明 大】 球数
渡部慎 4 57 14 2 4 0 0
1 32 7 3 0 1 0
山田翔 0 1/3 10 2 0 1 1 0
千葉 1 2/3 16 4 0 1 0 0
7 115 27 5 6 2 0
               
【慶 大】 球数
森下 4 79 19 4 4 3 3
浮橋 1 2/3 34 9 1 3 2 0
前田 0 1/3 4 1 0 0 0 0
駒形 1 24 4 0 0 1 0
7 141 33 5 7 6 3

 

▽本塁打 
▽三塁打 菅原
▽二塁打 関
▽三振 明7  慶6
▽四球 明6  慶2
▽犠打 明2  慶0
▽盗塁 明0  慶0
▽失策 明3  慶1
▽併殺 明1  慶1

 

 

ページの先頭へ戻る