新着情報

ホーム > 戦評 > 令和三年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

新着情報

令和三年度春季リーグ戦 対法政大学一回戦の結果

2021年04月10日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
慶應義塾 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
法政大 0 0 0 0 0 0 2 0 × 2

 

相手エースを前にノーヒットワンランに終わる

勝って今季白星発進を決めたい、対法大一回戦。
大事な初戦のマウンドに上がったのは、エース・森田。

初回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。続く2回以降、度々得点圏に走者を背負うも、粘りの投球で得点を許さない。

森田の好投に応えたい塾打線は、四球で出塁はするものの、相手エース・三浦を前に安打が出ず、両校ともにスコアボードには0が並ぶ。

試合が動いたのは、森田がマウンドを降りた直後の7回裏。
先頭打者に右前安打を許すと、四球、犠打などで二死二、三塁とされる。この場面もなんとか乗り切りたいところであったが、続く打者に適時打を放たれ、2点を失う。

すぐに追いつきたい打線は8回表、先頭の代打・宮尾が四球で出塁するなど一死三塁とすると、代打・北村の遊ゴロの間に1点を返す。

1点ビハインドで迎えた9回表。
代走・上田の盗塁などで二死一、二塁とするも、最後は空振り三振に倒れ、1-2で敗戦した。

法大の三浦銀二に、東京六大学史上62年ぶり3度目という、珍しい記録「ノーヒットワンラン」を達成され、非常に悔しい結果となった。

過去の「ノーヒットワンラン」は、1953年秋の河合貞雄(慶大、対早大)、59年秋の石川陽造(立大、対東大)の2人が記録している。

明日こそは勝利し、今日の雪辱を果たしたい。

 (3年・マネージャー O.S)

三田俱楽部用

6回無失点の力投を見せた森田

 

【慶 大】
(三) 廣瀬 4 0 0 3 0 0
(中) 渡部遼 4 0 0 0 0 0
(右) 橋本典 2 0 0 0 1 0
代打 中澤慎 1 0 0 1 0 0
(三) 正木 2 0 0 0 2 0
代走 上田 0 0 0 0 0 0
(遊) 下山 2 0 0 1 1 0
代打 若林 0 0 0 0 1 0
代走 石川 0 0 0 0 0 0
(二) 朝日 3 0 0 1 0 0
新美 0 0 0 0 0 0
代打 綿引 1 0 0 1 0 0
(左) 萩尾 2 0 0 1 0 0
打二 宮尾 0 0 0 0 1 0
(捕) 福井 3 0 0 0 0 0
(投) 森田 2 0 0 0 0 0
小林綾 0 0 0 0 0 0
生井 0 0 0 0 0 0
代打 北村 1 0 1 0 0 0
橋本逹 0 0 0 0 0 0
27 0 1 8 6 0
               
【法 大】
(遊) 海﨑 4 0 0 2 0 0
(中) 岡田悠 3 1 2 0 1 0
(二)一 齋藤 4 0 0 2 0 0
(右) 小池 3 1 0 1 0 0
走右 神野 1 0 0 0 0 0
(一) 後藤 3 2 0 0 0 0
高田 1 0 0 1 0 0
(左) 諸橋 3 1 0 0 0 0
宮崎 0 0 0 0 1 0
(三) 中原 3 2 0 0 0 0
代走 大本 0 0 0 0 0 0
松田 1 0 0 0 0 0
(捕) 舟生 2 1 0 0 1 0
(投) 三浦 2 0 0 0 0 0
30 8 2 6 3 0

 

【慶 大】 球数
森田 6 79 24 6 4 1 0
小林綾 0 1/3 12 3 1 0 1 2
生井 0 2/3 12 3 1 1 0 0
橋本達 1 17 4 0 1 1 0
8 120 34 8 6 3 2
               
【法 大】 球数
三浦 9 145 33 0 8 6 1
9 145 33 0 8 6 1

 

▽本塁打 
▽三塁打 
▽二塁打 諸橋、小池
▽三振 慶8  法6
▽四球 慶6  法3
▽犠打 慶0  法1
▽盗塁 慶3  法1
▽失策 慶0  法0
▽併殺 慶0  法0
ページの先頭へ戻る