新着情報

ホーム > 戦評 > 第五十回記念 明治神宮野球大会 二回戦 対東海大学札幌キャンパスの結果

新着情報

第五十回記念 明治神宮野球大会 二回戦 対東海大学札幌キャンパスの結果

2019年11月17日

  1 2 3 4 5 6 7
 慶應義塾 6 0 3 0 0 0 0 9
 東海大札幌 0 0 0 0 0 0 0 0

 ※大会規定により7回コールド 

 

打線爆発、大量9得点で白星発進

悲願の日本一に向け、絶対に負けられない、明治神宮大会初戦・対東海大学札幌キャンパス戦

試合は初回から動く。先頭の中村健が四球を選び、下山の内野安打で無死一、二塁とすると柳町が適時二塁打を放ち、幸先よく2点を先制する。続く郡司も四球で出塁すると、正木の適時二塁打で1点を追加する。さらに二死二、三塁から瀬戸西の適時二塁打で2点を奪うと、続く髙橋佑も適時二塁打を放ち、この回、打者一巡の猛攻を見せ、一挙6得点で相手を突き放す。

先発のマウンドには、塾野球部絶対的エース・髙橋佑。三ゴロ、二ゴロ、空振り三振と三者凡退に仕留め、完璧な立ち上がりを見せる。

止まらない打線は3回表、二死から中村健、下山の連打と柳町の四球で満塁の好機を作ると、打席には主将・郡司。左方向への大きな当たりが適時二塁打となり、3点を追加する。

投げては先発の髙橋佑、継投した増居、津留﨑の、相手打線に反撃の隙を与えない見事な投球で得点を許さず、大会規定により7回コールド、9-0で勝利した。

12安打9得点と相手を圧倒し、日本一に向け一歩前進することができた。

次戦の城西国際大学戦にも勝利し、決勝の舞台に立てるよう、部員一同精進していきたい。

(2年・マネージャー I.M)

 


4打数3安打の活躍を見せた下山
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【慶 大】
(右) 中村健 2 2 0 0 2 0
(三) 下山 4 3 0 1 1 0
(中) 柳町 2 1 2 0 2 0
増居 0 0 0 0 0 0
代打 植田響 1 0 0 1 0 0
津留﨑 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 2 3 0 1 0
(左) 正木 4 1 1 1 0 0
橋本典 0 0 0 0 0 0
(二) 小原 4 0 0 1 0 0
(一) 綿引 3 0 0 2 0 0
打一 嶋田 1 0 0 1 0 0
(遊) 瀬戸西 4 1 2 1 0 0
(投) 髙橋佑 3 2 1 1 0 0
走中 渡部遼 1 0 0 0 0 0
32 12 9 9 6 0
               
【東海大札幌】
(三)二 宮澤晃 3 0 0 2 1 0
(一) 瀧沢 3 0 0 0 0 0
(遊) 松永 2 0 0 2 1 0
(右) 赤尾 3 0 0 2 0 0
(左) 山崎 2 0 0 2 0 0
代打 桝本 1 0 0 1 0 0
桑名 0 0 0 0 0 0
(中) 下川原 2 1 0 0 0 0
代打 相川 1 0 0 0 0 0
(捕) 井内 3 1 0 0 0 0
(投) 宮澤怜 0 0 0 0 0 0
工藤 0 0 0 0 0 0
代打 天満 1 0 0 0 0 0
徳橋 0 0 0 0 0 0
福田 0 0 0 0 0 0
打三 浦田 1 0 0 1 0 0
代打 相馬 1 1 0 0 0 0
(二) 黒田 1 0 0 1 1 0
高沼 0 0 0 0 0 0
代打 外石 0 0 0 0 1 0
24 3 0 11 4 0

 

【慶 大】 球数
髙橋佑 4 61 16 2 5 2 0
増居 2 31 7 0 5 1 0
津留﨑 1 20 5 1 1 1 0
7 112 28 3 11 4 0
               
【東海大札幌】 球数
宮澤怜 0 0/3 23 5 3 0 2 4
工藤 2 42 11 3 3 2 2
徳橋 2 2/3 63 14 5 4 1 3
福田 0 1/3 3 1 0 0 0 0
高沼 2 31 8 1 2 1 0
7 162 39 12 9 6 9

 

▽本塁打
▽三塁打 相馬 中村健
▽二塁打 柳町 正木 瀬戸西 髙橋佑 郡司
▽三振 慶9  東11
▽四球 慶6  東4
▽犠打 慶1  東0
▽盗塁 慶0  東0
▽失策 慶0  東0
▽併殺 慶0  東0
ページの先頭へ戻る