新着情報

ホーム > 戦評 > 平成29年度春季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

新着情報

平成29年度春季リーグ戦 対東京大学一回戦の結果

2017年04月15日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
 東京大 0 0 0 0 1 3 0 0 1 5
 慶應義塾 3 3 1 0 1 1 0 0 x 9

 

序盤の大量得点が功を奏し白星スタート

野球日和の中、迎えたリーグ戦初戦・対東大一回戦。

着実に白星を挙げ勢いづきたい塾野球部は、1回裏、先頭の天野が四球を選ぶと、一死から柳町の適時三塁打、続く岩見の今季初本塁打で一気に3点を先制する。

2回裏には四球で無死満塁の好機を作ると、柳町と郡司の適時打などで3点を追加し、さらに点差を広げる。

投げては、故・宮武三郎氏(昭和6年卒)以来90年ぶりの開幕1年生先発を担った関根が5回5安打1失点と先発の役目を果たす。

さらに5回裏、天野がリーグ戦初本塁打を放ち1点を追加する。

6回表、リーグ戦初登板の伊藤佑がマウンドを託されるも、精彩を欠き3点を返され、代わった同じくリーグ戦初登板の内村がこの回を締める。

8回表には柳町の好守も飛び出すなど、相手に流れを渡さない。

9回表には、今季エースナンバーの18を背負い守護神としての活躍が期待される菊地が登板。1点を奪われるも序盤の大量得点を守り切り、9-5で勝利した。

なおこの試合で関根が、東京六大学史上4人目の開幕1年生先発勝利という快挙を遂げた。

得られた収穫と課題を糧に、連勝で勝ち点を奪取できるよう部員一丸となって戦っていきたい。 

(4年・マネージャー H.K)
 

東京六大学野球史上4人目の1年生開幕先発勝利を果たした関根
写真提供:慶應スポーツ新聞会

 

【東 大】
(中) 宇佐美 4 1 2 1 1 0
(遊) 山田 5 2 1 1 0 0
(一) 田口 5 1 0 0 0 1
(左) 楠田 4 1 1 0 1 0
(三) 竹中 2 1 0 1 0 1
代走 浅木 0 0 0 0 0 0
三鍋 3 0 0 0 0 0
(捕) 森田 0 0 0 0 2 0
走三 新堀 2 0 0 0 0 0
(投) 宮台 1 0 0 0 0 0
濵﨑 0 0 0 0 0 0
代打 岩田 1 0 0 0 0 0
川口 0 0 0 0 0 0
代打 佐藤 0 0 0 0 1 0
柴田 0 0 0 0 0 0
代打 齋藤 1 1 0 0 0 0
山下大 0 0 0 0 0 0
(右) 杉本 3 2 0 0 0 0
(二) 水島 2 0 0 2 1 0
33 9 4 5 6 2
               
【慶 大】
(右) 天野 3 1 1 0 2 0
(三) 瀬尾 2 0 0 2 3 0
(中) 柳町 5 2 2 0 0 0
(左) 岩見 3 1 2 2 2 0
中村 0 0 0 0 0 0
(捕) 郡司 3 1 1 0 0 0
(一) 清水翔 5 1 1 0 0 0
(二) 倉田 2 1 0 0 3 0
(遊) 照屋 3 0 0 0 1 0
(投) 関根 1 0 0 0 1 0
代打 小原和 1 0 0 0 0 0
伊藤佑 0 0 0 0 0 0
内村 0 0 0 0 1 0
代打 明渡 1 0 0 0 0 0
菊地 0 0 0 0 0 0
29 7 7 4 13 0

 

【東 大】 球数
宮台 1 0/3 54 11 2 1 5 3
濵﨑 2 33 10 2 1 2 0
川口 2 33 9 1 0 2 1
柴田 2 38 10 1 2 3 1
山下大 1 17 5 1 0 1 0
  175 45 7 4 13 5
               
【慶 大】 球数
関根 5 69 21 5 3 2 1
伊藤佑 0 2/3 19 6 1 0 3 3
内村 2 1/3 43 9 2 1 1 0
菊地 1 21 5 1 1 1 1
  152 41 9 5 7 5

 

▽本塁打 岩見 天野
▽三塁打 柳町
▽二塁打 田口
▽三振 東5  慶4
▽四球 東7  慶13
▽犠打 東1  慶3
▽盗塁 東2  慶1
▽失策 東2  慶0
▽併殺 東1  慶1

 

ページの先頭へ戻る