倶楽部報

ホーム > 倶楽部報 > 2022年秋号(オールスターゲーム2022 in 愛媛)

倶楽部報(2022年秋号)

オールスターゲーム2022 in 愛媛

主務 服部 昂祐 (文学部4年 東京都市大付属高)

2022年09月16日

友成 晋也

主務を務めております服部昂祐と申します。
三田倶楽部の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

去る8月27日に愛媛県松山市・坊っちゃんスタジアムにて、東京六大学野球オールスターゲームが行われました。慶大・立大・東大の3校で構成された瀬戸内オーシャンズと明大・法大・早大の3校で構成された石鎚マウンテンズの対戦となりました。結果は0対7と完敗いたしましたが、各校主力選手の真剣勝負に場内は釘付けとなり、選手、観客ともに充実した時間を過ごすことができました。

弊部からは主将の下山悠介(慶應・商4)を始め、大学日本代表に選出された萩尾匡也(文徳・環4)と廣瀬隆太(慶應・商3)、春季リーグ戦でベストナインを獲得した山本晃大(浦和学院・総4)、その他に増居翔太(彦根東・総4)、朝日晴人(彦根東・環4)、外丸東眞(前橋育英・環1)などの中心選手が出場いたしました。コロナ禍の影響により、他校の選手との交流の機会は著しく減っておりましたが、3年ぶりの開催となった今回の試合や、8月24日に神宮球場にて行われた少年少女野球教室を通じて親睦を深めることができたことは選手にとって大変貴重な機会となりました。一方で、夏の期間を経てさらに実力を伸ばした他校の選手を目の当たりにし、秋季優勝に向けてより一層練習に励む必要を感じました。

最後になりますが、愛媛でのオールスターゲームの開催にあたりご尽力頂きました、各校の応援団、OB会、協賛していただいた方々、その他関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

一時ピンチを迎えるも2回無失点の好投を見せた増居翔太
一時ピンチを迎えるも2回無失点の好投を見せた増居翔太(慶應スポーツ新聞会提供)

早大1年伊藤樹投手と写真を撮る外丸東眞
早大1年伊藤樹投手と写真を撮る外丸東眞(慶應スポーツ新聞会提供)

オールスターゲーム2022 in 愛媛の出場メンバー
オールスターゲーム2022 in 愛媛の出場メンバー

ページの先頭へ戻る