倶楽部報

ホーム > バックナンバー > 倶楽部報2016年秋号 > 2016年秋号(ラストシーズンに向けて)

倶楽部報(2016年秋号)

ラストシーズンに向けて

野球部主将 重田 清一(環境情報学部4年 佐賀西高)

2016年09月9日

野球部主将 重田 清一

今年度野球部主将を務めております重田清一と申します。日頃より野球部への多大なるご支援、温かいご声援をいただきありがとうございます。部員一同を代表し、深く御礼申し上げます。

今春のリーグ戦は優勝を逃しただけでなく慶早戦でも勝ち点を落とし、4位に終わった悔しいシーズンとなりました。明治戦や立教戦など勝負どころで勝つことができず、他大学との力の差を痛感しました。秋のシーズンで接戦を勝ち切るためには、個々の能力を高め、各大学の好投手を打ち崩すことが必要不可欠だと思います。

春のシーズンの反省から夏場は静岡県伊豆市でキャンプを行い、日々厳しい練習をしてきました。夏に取り組んできた個々の能力向上が、オープン戦で少しずつ成果として表れていると感じています。今年は例年以上にチーム内でのレギュラー争いが熾烈です。競争心が生まれることで、チームの総合力向上にもつながっています。

また昨年と同様に新潟県三条市での試合や福島遠征(2年生を中心とした合宿)を行うことで、ひとりひとりの練習時間を多く確保することができました。新潟県新発田市でのオールスターでは他大学のレベルの高い選手と触れ合いながら、試合を通して秋のリーグ戦への手ごたえを得ることができました。

4年生にとっては、これから始まる秋のリーグ戦が大学野球最後のシーズンとなります。今年のスローガンにある“Everything is practice”を実践し、リーグ戦中も一日一日を大切に練習に励み、春の悔しさを秋のシーズンで晴らせるよう結果にこだわって毎試合戦っていきます。

最後になりますが、日頃より様々な場面で野球部の活動にご協力を賜りありがとうございます。秋のシーズンも野球部への温かいご支援・ご声援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る