新着情報

ホーム > お知らせ > 東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会

新着情報

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会

2015年12月14日

平成27年12月06日(日)14:00からグランドプリンスホテル新高輪(飛天)にて開催された。
当番校(法政)野球部長・宮本理事長の開会あいさつに続いて、来賓の日本学生野球協会・日本高野連 八田英二会長、日本野球連盟 市野紀生会長、日本野球機構・NPB 熊崎勝彦会長、明治神宮 中島精太郎宮司、最後に田中優子法政大学総長のご挨拶をいただき、鏡割となった。

 

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会の様子1【乾杯】各校OB会長

 

5個の「こもかぶり」には、来賓の6名、清家塾長をはじめ6大学学長総長6名、後藤三田倶楽部会長はじめ6OB会長、岡野球部長はじめ6野球部長、大久保監督はじめ6監督の面々が囲み、バットを振りかざし掛け声と共に行った。
乾杯は、全日本大学野球連盟 大橋英五会長が行い、会食がスタートした。

総合司会は慶應・田中大貴(フジTV)、立教・上重聰(日テレ)が担当した。
まず、上重アナが先輩でもある立教OBの長嶋茂雄読売巨人軍名誉監督のスピーチをいただいた。

続いてパネルトークとなり、小早川毅彦(法政)、岡村甫(東大)、川村丈夫(立教)、和田毅(早稲田)、高橋由伸(慶應)、星野仙一(明治)の6氏が壇上に上がり、「自分たちの時代の六大学」「100周年に向けての期待」というテーマで、大越健介(東大)氏が進行役になってのトークショウを展開した。

今回の参加者はOB(約1000名)、野球関係者、応援団、野球部員(幹部のみ)、その他特定のファンなどで総勢1500名だったが、広い飛天の会場が歩くスペースが無いほどの大盛会となった。

会食途中で、各大学著名なOB数名にインタビューがあり、塾は渡邊泰輔、山下大輔氏が呼ばれ、立教OGテレ朝・宇賀なつみ、慶應OGTBS・宇内梨沙の女子アナが担当した。
他の大学からは、田渕幸一、山本浩二氏(法政)、井手峻氏(東大)、高橋孝夫、西崎若三氏(立教)、徳武定祐、小宮山悟氏(早稲田)、杉下茂、広澤克実氏(明治)がインタビューを受け当時の思い出話に花を咲かせた。

続いて、90年の歴史を物語るVIDEO放映があり、創設当時から現在に至るまでの主な世代のトピックスを映像で見ながら感慨にふけった。
内藤連盟事務局長からは、現在、神宮への観客を増やそうという活性化メンバーを中心として展開している、各種イベントの紹介があった。

最後は、恒例の各大学応援団による校歌斉唱とエールの交換があり、3時間を超える大イベントがお開きとなった。
出口では、6校野球部長、先輩理事、監督が並んでお見送りをしたが、出席者全員から、「感激した、盛り上がった」というおほめの言葉をいただいた。

文責  慶應連盟先輩理事(90周年記念事業実行委員)・水谷

 

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会の様子2会場内の様子

 

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会の様子3 左:【インタビュー】長嶋茂雄氏/右:【トークショー】著名OB

 

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会の様子4左:【著名OB紹介】左側:山下大輔氏(慶大) 右側:渡邉泰輔氏(慶大)
右:【100周年プロジェクト説明】

 

東京六大学野球連盟創設90周年記念式典・祝賀会の様子5 左:参加した卒部生/右:氷のオブジェ

 

ページの先頭へ戻る